マルチクラウドでのアプリ配布のトラブルシューティング

マルチクラウド環境でアプリの配布に失敗する場合は、複数の原因が考えられます。QSEoW 側で (カスタム プロパティに関して)、IdP で (名前とグループに関して)、実際の配布時に、および配布後に (アプリが表示されないなどの) 問題が発生する可能性があります。

公開されるのがやや遅い

Possible cause  

アプリを発行してからコレクションを確認してみると、アプリがまだ含まれていません。

Proposed action  

アプリがコレクション内に表示されない理由のトラブルシューティングを開始するまでしばらく待ってください。公開は即座には処理されません。

カスタム プロパティが小文字になっていない

配布ポリシーを作成し、マルチクラウド コレクションにアプリを公開しました。そのアプリは表示されず、エラー メッセージも表示されません。

Possible cause  

配布ポリシーで使用するカスタム プロパティが小文字になっていません。

Proposed action  

配布ポリシーのカスタム プロパティでは、小文字のみを使用してください。

一時的なエラーが発生した

Possible cause  

一時的なエラーが発生しました。

Proposed action  

Qlik Sense Service Dispatcher を再起動します。

次の手順を実行します。

  1. Windows で、[サービス] を開きます。
  2. スクロール ダウンして Qlik Sense Service Dispatcher を右クリックします。[再起動] を選択します。

不明なエラーが発生した

Possible cause  

エラーが発生しましたが、理由が不明です。

Proposed action  

マルチクラウド サービスのログ ファイル (App Distribution Service や Hybrid Deployment Service など) を調べます。詳細は、「マルチクラウド サービス」を参照してください。