セッション ログ

Qlik Sense Engine Service (QES)

以下の項目は、QES のセッションログ固有のものです。

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • EngineTimestamp:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだ時刻。
  • EngineThread:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだときに使用したスレッドの ID。
  • ProcessId: ログ メッセージの発信元 QES プロセスの ID。
  • Exe Type:QES プロセスの設定タイプ (リリースまたはデバッグ バージョン)。
  • Exe Version:QES プロセスのバージョン番号。
  • Server Started:QES が起動した時刻。
  • AppId: 終了したエンジン セッションでロードされたアプリの ID。
  • App Title: 終了したエンジン セッション中に使用されたロードされたアプリのタイトル。
  • Doc Timestamp: 終了したエンジン セッションでロードされたアプリが最後に変更された時刻。
  • Qlik Sense User: 終了したエンジン セッションを開始したユーザー。
  • Exit Reason: エンジン セッションが終了した理由。
  • Session Start: エンジン セッションが開始した時刻。
  • Session Duration: 終了したエンジン セッションの持続時間 (ミリ秒)。
  • CPU Spent (s): 終了したエンジン セッション中に要求の取り扱いに使用された CPU 時間 (秒)。
  • Bytes Received: エンジン セッション中に受信したデータのバイト数。
  • Bytes Sent: エンジン セッション中に送信したデータのバイト数。
  • Calls: エンジン セッション中に行った呼び出し数。
  • Selections: エンジン セッション中に行った選択の数。
  • Authenticated User: エンジン セッションを使用した認証ユーザー。
  • Secure Protocol: プロトコルがセキュア接続経由かを示すオン/オフ フラグ。

See also: