Qlik ライセンスの使用状況の概要

ここでは、Qlik Sense および関連製品でのライセンスの使用方法の概要を示します。ライセンス付与により、組織内の Qlik Sense ソフトウェアの使用を管理することができます。

Qlik Sense Enterprise

License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。ライセンス タイプには、ユーザーベースとトークンベースの 2 つがあります。

  • ユーザーベースのライセンス: プロフェッショナル アクセスおよびアナライザー アクセスを割り当てることができます。LEF によって、2 つのアクセス タイプの分布が決まります。
  • トークンベースのライセンス: ユーザー アクセスおよびログイン アクセスを割り当てることができます。LEF により、2 つのアクセス タイプに割り当てることができるトークン数が決まります。

アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできます。

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。

ユーザーベースのライセンス

ユーザーベースのライセンスは、プロフェッショナル アクセスとアナライザー アクセスの既定数の割り当てを許可します。アクセス タイプの分布は LEF によって決まります。

プロフェッショナル アクセス

識別されたユーザーにプロフェッショナル アクセス権を割り当て、Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。プロフェッショナル アクセスは、Qlik Sense インストールのすべての機能にアクセスする必要があるユーザーが対象です。プロフェッショナル アクセス権のあるユーザーは、シートまたはアプリを作成、編集、公開でき、Qlik Sense サイトの管理などの使用可能な機能をすべて使うことができます。アクセス タイプ (プロフェッショナル アクセス) とユーザーとは、直接的に関係しています。ユーザーからプロフェッショナル アクセスの割り当てを解除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていれば、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、プロフェッショナル アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のプロフェッショナル アクセス権を復元することができます。

プロフェッショナル アクセスの概要:

  • 指定されたユーザーに対し割り当てられる。

  • コンテンツの分析や作成のために毎日アクセスすることができる。

  • ストリーム、アプリ、その他のリソースに無制限にアクセス可能。

  • 並列セッションの最大数は 5 つ。

アナライザー アクセス

識別されたユーザーにアナライザー アクセス権を割り当て、ハブ内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。アナライザー アクセスは、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。アナライザー アクセス権を持つユーザーは、シートやアプリを作成、編集、または公開することはできませんが、アプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成できます。また、ユーザーは、ブックマーク、印刷オブジェクト、ストーリー、シートを作成したり、オブジェクトから Excel にデータをエクスポートしたりすることもできます。アクセス タイプ (アナライザー アクセス) とユーザーとは、直接的に関係しています。ユーザーからアナライザー アクセスの割り当てを解除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていれば、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、アナライザー アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のアナライザー アクセス権を復元することができます。

アナライザー アクセスの概要:

  • 指定されたユーザーに対し割り当てられる。

  • ハブ内のシートとアプリを分析するために (ただし、作成、編集、公開は不可) 毎日アクセスすることができる。

  • ブックマークの作成に対応する。

  • オブジェクト、ストーリー、シートの印刷に対応する。
  • オブジェクトから Excel へのデータのエクスポートに対応する。
  • 並列セッションの最大数は 5 つ。

アナライザー キャパシティ

アナライザー キャパシティは消費ベースのライセンス タイプで、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ています。アナライザー キャパシティは匿名ユーザーを含むすべてのユーザーが使用可能で、それらのユーザーは、6 分単位で消費される毎月のアナライザイー時間の割り当てを共有します。

アナライザー キャパシティ アクセスの概要

  • アナライザー アクセスでも同じ機能を利用可能です。

  • 匿名ユーザーを含むユーザー グループに割り当てられます。

  • 定義された時間に対する毎月のサブスクリプション。

  • 6 分ブロック内の消費。アイドル中の消費なし。

  • 余分の時間をサブスクリプションに追加可能。

トークンベースのライセンス

Qlik Sense Enterprise サイト ライセンスをアクティブ化すると、一定数のトークンが与えられます。トークンの数は License Enabler File (LEF) によって決まります。これらのトークンを使用し、ユーザー アクセス パスまたはログイン アクセス パスのいずれかとして Qlik Sense へのアクセスを割り当てます。

ユーザー アクセス

ユーザー アクセスは、Qlik Sense に固有の指定されたユーザー用です。ユーザー アクセス パスは、アプリ、ストリーム、その他のリソースに無制限にアクセスするためのパスで、Qlik Sense をよく使用するユーザーを対象としています。

ログイン アクセス

ログイン アクセスは、Qlik Sense の 1 人以上のユーザー用です。ログイン アクセスを許可する対象ユーザーを指定するライセンス ルールを作成します。ログイン アクセス パスは、ストリームおよびアプリに事前定義された回数だけアクセスするためのパスで、Qlik Sense をあまり使用しないユーザーを対象としています。

トークンの使用数

トークンを割り当てると、割り当て可能なトークンの合計数が減少します。トークンの残りが 0 になるか、または不十分だと、それ以上はアクセス タイプに割り当てることができなくなります。トークンの使用数を減らして、異なる方法でトークンを使用することができます。Qlik Sense サイトのトークンの数は、新しいライセンスをアクティブにすることで、増やしたり減らしたりできます。1 つのトークンが、1 個のユーザー アクセス パスまたは 10 個のログイン アクセス パスに相当します。

時間の経過による必要なトークンの使用状況の変化により、調整することができます。ユーザー アクセス パスとログイン アクセス パスの配布状況を分析するには、 License Monitor アプリが便利です。ログイン アクセス パスを付与されている頻繁使用ユーザーには、代わりにユーザー アクセス パスを付与することもできます。ユーザー アクセス パスを付与されている非頻繁使用ユーザーの場合は、ログイン アクセスで十分という場合もあります。

アクセス パスおよびトークン使用数モデルの詳細については、次を参照してください。ライセンスの管理

License Enabler File

すべての Qlik Sense サイトには、サイト ライセンスが必要です。License Enabler File (LEF) では、サイトで割り当て可能なトークンの数を定義しており、セントラル ノードから管理できます。

ライセンスは、QMC の [サイト ライセンスのプロパティ] ページでアクティブ化し、そのページで所有者情報、シリアル番号、およびコントロール番号を入力します。[適用] をクリックすると、LEF が自動的にダウンロードされます。適用前にライセンスをプレビューするには、[LEF アクセス] タブを開き、[LEF の取得とライセンスのプレビュー] をクリックします。テキスト ボックスにライセンスが表示されます。電子メールで受信した場合、またはダウンロードできなかった場合は、ここで LEF も入力します。

LEF を追加すると、Qlik Sense の root 管理者となります。ライセンスをアクティブ化すると、トークンが割り当て可能になります。

Qlik Sense Desktop

Qlik Sense Desktop は、使用するコンピューターにダウンロードできる無償バージョンの Qlik Sense です。www.qlik.com を参照してください。Qlik Sense Desktop をダウンロードするには、Qlik アカウントのみが必要とされ、ライセンスは不要です。

Qlik Sense Desktop の使用を開始できるようにするには、自分の Qlik アカウントにより、または Qlik Sense Enterprise サーバーに対して、まず自分が認証される必要があります。認証を有効にするには、有効なネットワーク接続が必要です。Qlik アカウントを使用すると、Qlik Sense Cloud にもアクセス可能になります。

Qlik Sense Desktop でできること

Qlik Sense Desktop で作成したアプリをエクスポートして Qlik Sense Enterprise で使用したり、Qlik Sense Cloud にアップロードして他のユーザーや他の Qlik Sense Desktop 環境と共有することができます。

Qlik SenseQlik Sense Desktop の比較については、「Qlik Sense のバージョン比較」を参照してください。

Qlik DataMarket

Qlik DataMarket により、利用率が非常に高いグローバル データ ソースの多くから収集した多彩なデータが提供されます。Qlik DataMarket では、気象データや人口統計データとともに、ビジネス、経済、および社会に関するデータを扱うことができます。外部のデータを自分のデータと組み合わせることにより、ビジネスを取り囲む環境の全体像を把握できます。

Qlik DataMarketデータの使用を開始する前に、利用規約にご承諾いただく必要があります。[無償] 版では、一部のデータ セットへのアクセス権が付与されます。[ライセンスありサブスクリプション] オプションでは、プレミアム データ パッケージへのアクセス権が付与されます。ライセンスは、Qlik Sense Enterprise の場合と同じ方法でアクティブ化します。Qlik DataMarket ページの [ライセンスとトークン] で、所有者情報、シリアル番号、およびコントロール番号を入力します。[適用] をクリックすると、LEF が自動的にダウンロードされます。適用前にライセンスをプレビューするには、[LEF アクセス] タブを開き、[LEF の取得とライセンスのプレビュー] をクリックします。テキスト ボックスにライセンスが表示されます。電子メールで受信した場合、または何らかの理由でダウンロードできなかった場合は、ここで LEF も入力します。

アクセス資格情報を適用した場合、プレミアム データには [ライセンスあり] のラベルが付きます。利用規約を承諾するとしても、どのプレミアム データ パッケージのライセンスも入力しない場合は、ライセンスを後で購入するオプションを選択できます。[購入] ボタンで [プレミアム] ボタンが置き換えられ、ライセンスを購入できるようになります。

Qlik DataMarket ライセンスを初めてアクティブにしたあと、サブスクリプションのタイプを変更して、ライセンスのプロパティを更新できます。無償サブスクリプションに変更するために必要なのは、Qlik DataMarket ページで [無償] を選択して [適用] をクリックすることだけです。ライセンスありサブスクリプションに変更するには、上記のこのセクションでの説明に従ってライセンスの詳細情報を入力します。

注: Qlik Sense Desktopを使用する場合は、Qlik DataMarket の利用規約への同意は必要ありません。資格情報の入力も必要ありません。これは、Qlik Sense Desktop ではプレミアム データ セットが利用できないためです。

Qlik NPrinting

Qlik NPrinting は、QlikView のドキュメントまたは Qlik Sense のアプリに接続するようにインストールして構成できます。ライセンス付与の要件と手順は、Qlik NPrintingQlikViewQlik Sense のどちらに接続するのかに応じて異なります。

新規にインストールした Qlik NPrinting サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス キー、コントロール番号、ユーザー名、および組織を入力する必要があります。これは、アクティブ化する必要がある唯一の Qlik NPrinting ライセンスです。Qlik NPrinting Designer および Qlik NPrinting Engine のライセンスは、Qlik NPrinting サーバーからのライセンス情報に基づいて自動的に付与されます。

バージョン 16.0.0.0 以降の Qlik NPrinting には、LEF によってライセンスが付与されます。以前のバージョンの Qlik NPrinting を使用している場合は、Qlik NPrinting バージョン 16.0.0.0 以降へのアップグレードをお勧めします。

注: Qlik Sense トークンは、Qlik NPrinting サービス アカウントの場合には不要です。ただし、Qlik NPrinting サービス アカウント内で頻繁にトラブルシューティングを行う場合は、トークンを Qlik NPrinting サービス アカウントに割り当て、Qlik Sense ハブへのアクセス権が与えられるようにすると便利です。

QlikViewQlikView Desktop、および Qlik Sense での Qlik NPrinting へのライセンス付与の詳細については、

Qlik Nprinting のライセンス付与」を参照してください。

Qlik Sense Cloud

Qlik Sense Cloudを使用してアプリを作成し、他のユーザーと共有できるようにするには、Qlik アカウントを作成してログインする必要があります。ライセンスは不要です。Qlik アカウントがあれば、Qlik Sense Desktop をダウンロードすることもできます。