QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

ポート

Qlik Sense Enterprise および Qlik Sense Enterprise on Windows は、Web ブラウザー (ユーザー) とプロキシ間、およびシングル/マルチノード両方の展開でのサービス間の通信用にポートを使用します。

注: Qlik Sense Enterprise on Kubernetes は、Kubernetes 上でホストされている他のアプリケーションと異なる特定のポート要件がない Kubernetes クラスター上で実行されます。Kubernetes ポート要件の一般的な情報については、Kubernetes クラスターのドキュメントを参照してください。

ポートの概要

下の表に、Qlik Sense 展開で使用されるポートの概要を示します。

  コンポーネント 受信 発信 内部のみ
Qlik Sense Proxy Service (QPS)

80 (HTTP)

443 (HTTPS)

4243 (REST API)

4239 (QRS WebSocket)

4242 (QRS REST API)

4747 (エンジン)

4899 (印刷)

4900 (ブローカー)

4949 (データ プロファイリング)

7070 (ログ サービス)

4244 (Windows 認証)
Qlik Sense Engine Service (QES)

4747 (QES 待ち受けポート)

7070 (ログ サービス)

4242 (QRS REST API)

4748 (QRS からの通知)

Qlik Sense Repository Service (QRS)

4242 (REST API)

4239 (QPS から - ウェブソケット)

4444 (セットアップ API - リム ノードでインバウンド)

4899 (QPR から)

 

4242 (REST API)

4243 (Proxy REST API)

4444 (設定 API - セントラル ノードでの発信)

4747 (エンジン)

4748 (エンジン通知 API)

5050 (スケジューラ マスター API)

7070 (ログ サービス)

4545 (移行サービス)

4570 (証明書のロック解除)

Qlik Sense Scheduler Service (QSS)

5050 (マスター REST API)

5151 (スレーブ REST API)

5252 (監視 API - オプション)

4242 (QRS REST API)

7070 (ログ サービス)

5050 (スレーブからマスター  )

5151 (マスターからスレーブ)

追加ポートなし。
Qlik Sense Repository Database (QRD) 4432 (データベース接続用の既定の待ち受けポート)   追加ポートなし。
Qlik Sense Printing Service (QPR)

4899 (QPR 待ち受けポート)

 

443 (Sense ウェブ サーバー - プロキシ)

4242 (QRS REST API)

8088 (CEF デバッグ)

Qlik Sense Service Dispatcher (QSD)

以下のサービスを起動:

 

ブローカー サービス

4900  

3003 (コンバーター サービス)

4545 (アプリの移行)

4555 (チャート共有)

4949 (データ プロファイリング)

4950 (参照元サービス)

5928 (QSE Event Processor)

9028 (ハブ サービス)

9031 (機能サービス)

9032 (About サービス)

9041 (コネクター レジストリ プロキシ - サーバー)

9051 (コネクター レジストリ プロキシ - デスクトップ)

9054 (参照元サービス)

9079 (Depgraph サービス)

9080 (Web 拡張サービス)

9090 (DownloadPrep)

9098 (On-demand アプリ サービス)

21060 (Resource Distribution Service)

46277 (展開ベース警告サービス)

64210 (参照元サービスによって使用されるオープン ソース グラフ データベース レイヤー)

  データ プロファイリング サービス 4949 (REST API とウェブソケットの待ち受けポート)  

4242 (QRS REST API)

4747 (QES)

  App Distribution Service   5926 追加ポートなし。
  Hybrid Deployment Service   5927 追加ポートなし。
  Hybrid Setup Console - HSC 5929   追加ポートなし。
注: ファイル共有へのアクセスを許可するには、Microsoft Windows SMB ポート 445 が開かれていなければなりません。

ノード内部で使用されるポート

下表のポートは、同じノードで実行される Qlik Sense サービス間で使用されます。ほとんどの場合、これらのポートをファイアウォール経由で開く必要はありません。

サービス ポート 方向 目的
Converter Service 3003 内部

このポートは、QlikView converter が利用する Converter Service によって使用されます。

QPS 4243 受信

Qlik Sense Proxy Service (QPS) REST API 待ち受けポート。

セキュリティに Web チケットを使用する場合、このポートはユーザーにチケットを要求するソフトウェアまたはサービスによって使用されます。ソフトウェアまたはサービスがリモートの場合、このポートは呼び出し先の場所に対して開かれている必要があります。

QRD 4432

内部

Qlik Sense Repository Database (QRD) の既定の待ち受けポート。

共有持続性では、このポートは、Qlik Sense Repository Service (QRS) からの接続を待ち受けるために使用されます。

Migration Service 4545 内部

このポートは、アプリの移行を目的として Migration Service によって使用されます。 このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。

Migration Service はセントラル ノードでのみ実行されます。

Chart Sharing Service 4555 内部

このポートは、Qlik Sense ユーザー間でチャートを共有するために Chart Sharing Service によって使用されます。 このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。

このポートは通信に HTTPS を使用します。

QRS 4570 内部

証明書パスワード検証ポート。マルチノード サイト内で、Qlik Sense Repository Service (QRS) がリム ノードで、配布された証明書をロック解除するためにのみ使用します。このポートには、ローカルホストからのみアクセス可能で、証明書のロック解除後、直ちに閉じられます。通信は常に暗号化されない状態で行われます。

QES 4748 内部 このコールバック ポートは、Qlik Sense Engine Service (QES) に HTTP イベントを送信するために、Qlik Sense Repository Service (QRS) で使用されます。
Data Profiling Service 4949 内部 このポートは、アプリ ロード データ モデルにアクセスし、変更する場合に Data Profiling Service によって使用されます。ノード上で Qlik Sense Engine Service (QES) と直接通信します。
Broker Service 4900 内部 Broker Serviceの既定のリッスン ポート。
Hub Service 9028 内部 Hub Service の既定の待ち受けポート。
Capability Service 9031 内部 このポートは、Capability Service によって Qlik Sense システムの機能設定の操作に使用されます。
About Service 9032 内部 About Service へのインバウンド コールの既定の待ち受けポート。
Depgraph サービス 9079 内部 このポートは Service Dispatcher 起動マイクロサービスによって使用されます。
Web Extension Service 9080 内部 Web Extension Service の既定の待ち受けポート。
DownloadPrep 9090 内部 このポートは Service Dispatcher 起動マイクロサービスによって使用されます。
On-demand App Service 9098 内部 On-demand App Service の既定の待ち受けポート。

コネクター レジストリ プロキシ (サーバー)

9041 内部 このポートは、コネクターを探索して表示する分散接続サービスによって使用されます。

コネクター レジストリ プロキシ (デスクトップ)

9051 内部 このポートは、コネクターを探索して表示する分散接続サービスによって使用されます。

ユーザーの Web ブラウザーから使用するポート

既定のポートが Qlik Sense ユーザー に対して開かれており、サイト内のすべてのファイアウォールで開いておく必要があります。

サービス ポート 方向 目的 ホスト
QPS 443 受信 HTTPS を使用する際の受信ユーザー Web トラフィック。 サイト内の Qlik Sense Proxy Service (QPS)。
QPS 80 受信 HTTP を使用する際の受信ユーザー Web トラフィック (オプション)。 サイト内の Qlik Sense Proxy Service (QPS)。
マップ 443 受信 標準マップ背景のユーザー Web トラフィック。独自のマップ サーバーをホストしているユーザーの場合は、そのホスト サーバーの名前を使用してください。 maps.qlikcloud.com
マップ 443 受信 衛星マップ背景のユーザー Web トラフィック。 services.arcgisonline.com

ノードと Qlik Sense サービスの間で使用されるポート

このセクションで紹介するポートは、Qlik Sense サービス間の通信に使用されます。

シングル ノード サイトでは、本セクションで記載されているポートはいずれも、さまざまなサービスによって使用されますが、ファイアウォールを介してアクセスする必要はありません。

マルチノード サイトの場合、使用されるポートは各ノードにインストールおよび実行されているサービスによって異なります。またポートはノード間のファイアウォールを介して開かれている必要がありますが、Qlik Sense ユーザーに対して開かれている必要はありません。

マルチノード サイトの通信に使用される最低限のポート

以下のポートは、マルチノード サイトのノード間で常に開いていなければなりません。これらのポートが開かれていない場合、サービスの正常化など、特定の操作が実行できなくなります。

サービス ポート 方向 目的
QRS 4242

セントラル ノードとすべてのプロキシ ノードの間で双方向

このポートは新規ユーザーの登録など、さまざまな操作に使用されます。
QRD 4432 Qlik Sense ノードからリポジトリ データベースへの受信 サイト内で Qlik Sense Repository Database への接続のためにすべてのノードによって使用される規定の待ち受けポート。
QRS 4444 セントラル ノードとすべてのリム ノード間

このポートには 2 つの機能が備わっています。

  • セキュリティ ディストリビューション ポート。セントラル ノードのマスター QRS から証明書を受信するために、リム ノードの Qlik Sense Repository Service (QRS) でのみ使用します。通信は常に暗号化されない状態で行われますが、転送される認証パッケージは、パスワードで保護されています。

  • Qlik Sense Repository Service (QRS) ステート ポート。Qlik Sense のサイトで QRS のステートをフェッチするために使用されます。http://localhost:4444/status/servicestate を使用してステートをフェッチします。

    以下のいずれかのステートが返されます。

    • 0: 初期化。ノードが初期化されると、ノード ステートは他のステートのいずれかに変更されます。
    • 1: インストール済み証明書なし。ノードにインストールされた証明書はありません。証明書および認証パスワードを受け取るまで、ノードはこのステートに留まります。
    • 2: 実行中。ノードは稼働中で、すべての API が初期化済みです。

マスター スケジューラーとスレーブ スケジューラーの間で使用されるポート

次の表のポートは、スレーブ Qlik Sense Scheduler Service (QSS) が用いられる場合に使用されます。

サービス ポート 方向 目的
QSS 5050 受信 (スケジューラー ノードからのみ)

このポートはセントラル ノードのマスター QSS により、スレーブ QSS ノードにコマンドを発行したり、応答を受信するために使用されます。

QSS 5151 受信 (セントラル ノードからのみ)

スレーブ QSS はスレーブ スケジューラ ノードで稼働し、セントラル ノードのマスター QSS によってのみアクセスされます。

プロキシ ノードとエンジン ノードの間で使用されるポート

次のテーブルのポートは、通常のユーザー トラフィックと負荷分散がプロキシ ノードとエンジン ノード間を流れるために必要な最小値を定義します。

サービス ポート 方向 目的
QES 4747 受信 (プロキシ ノードから)

Qlik Sense Engine Service (QES) 待ち受けポート。QES によって使用される主要なポートです。

このポートは、Qlik Sense クライアントとの通信のために Qlik Sense Proxy Service (QPS) を介して使用されます。

QRS 4239 受信 (プロキシ ノードから)

Qlik Sense Repository Service (QRS) WebSocket ポート。

このポートはアプリやストリーム リストを取得するために、Qlik Sense ハブにより Qlik Sense Proxy Service (QPS) を介して使用されます。

QRS 4242 受信 (プロキシ ノードから)

Qlik Sense Repository Service (QRS) REST API 待ち受けポート。

このポートは、主にローカル Qlik Sense サービスによりアクセスされますが、マルチノード サイトのすべてのプロキシ ノードに対して開かれている必要があります。開かれていない場合、画像や静的コンテンツを配信できなくなります。

Data Profiling Service 4949 受信 (プロキシ ノードから)

このポートは、アプリケーション ロード モデルにアクセスし、変更する場合に Data Profiling Service によって使用されます。 このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。

このポートには Qlik Sense Proxy Service (QPS) を介してアクセスできます。

Broker Service 4900 受信 (プロキシ ノードから) Broker Service の既定のリッスン ポート。
Hub Service 9028 受信 (プロキシ ノードから) Hub Service の既定の待ち受けポート。エンジン ノードのブローカー サービスなどのローカル サービスを開く。

プロキシ ノードと印刷サービスを実行するノードとの間で使用されるポート

Qlik Sense Printing Service (QPR) は、同じノードに他のサービスとしてインストールされている場合もあれば、個別のノードにインストールされている場合もあります。次の表のポートは、QPS とすべての QPR の間でアクセスできる必要があります。これらのポートを使用することで、QPS はトラフィックの負荷を分散できるようになります。

サービス ポート 方向 目的
QPR 4899 受信 (プロキシ ノードから)

Qlik Sense Printing Service (QPR) ポート。

このポートは、Qlik Sense で印刷されたエクスポートに使用されます。このポートには QPS を実行するすべてのノードからアクセスできます。

Qlik Sense デスクトップ ポート

次のポートは Qlik Sense デスクトップによって使用されます。

コンポーネント ポート 方向
Qlik associative engine 9076 内部
Migration Service 9074 内部
DataPrep サービス 9072 内部
Broker Service (デスクトップ) 4848 内部/インバウンド
機能サービス 9075 内部
About サービス 9078 内部
Broker Service 9070 内部
NPrinting 9073 内部
Hub サービス 9071 内部
コンバーター サービス 9077 内部
Dependency Graph Service 9033 内部
Web Extension Service 9034 内部
コネクター レジストリ プロキシ 9051 内部

ポートの例

このセクションでは、さまざまな Qlik Sense 展開で使用されるポートの例を紹介します。

注: このセクションの図はすべての発信プロキシ ノード ポートを示しているわけではありません。プロキシー ノードのフル リストについては、ポートの概要 テーブルを参照してください。

シングル ノード サイト

この例は、シングル ノード サイトで使用されるポートを示しています。

 

マルチノード サイト

以下は、5 つのノードで構成されたマルチノード サイトで使用されるポートの例です。

非武装地帯のプロキシ ノード

この例は、非武装地帯でプロキシ ノードを実装する際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。

個別のプロキシ ノードとエンジン ノード

この例は、個別のプロキシ ノードとエンジン ノードを実装する際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。

高可用性プロキシ ノードとエンジン ノード

この例は、プロキシ ノードとエンジン ノードを 1 つ以上実装する際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。

個別のスケジューラ ノードおよび高可用性プロキシ ノードとエンジン ノード

この例は、個別のスケジューラ ノードおよび 1 つ以上のプロキシ ノードとエンジン ノードを実装する際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。

個別のプロキシ ノードとスケジューラ ノードおよび高可用性エンジン ノード

この例は、個別のプロキシ ノードとスケジューラ ノード、および 1 つ以上のエンジン ノードを実装する際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。

一般的なスケール アウト

この例は、プロキシ ノード、エンジン ノード、またはスケジューラ ノードの追加によってサイトをスケールする際に、マルチノード サイトで使用されるポートを示しています。