マルチクラウド セットアップ コンソール - スタート ページ

Multi-cloud Setup Console で、自身の Qlik Sense マルチクラウド ソリューションをセットアップして構成します。Multi-cloud Setup Console を開くには、https://<サーバー名>/api/msc に移動します。

左から右へのタイトルは、Qlik Sense Enterprise on Windows , with Multi-Cloud を設定するときの主なステップを表しています。

マルチクラウドの設定を開始する前に、以下を所有していることを確認します。

  • 有効な Qlik Sense マルチクラウド ライセンッス

  • IdP 構成に必要なデータ

  • 展開設定に必要なデータ

マルチクラウド環境を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. [Qlik Sense ライセンス] をクリックして、サイト ライセンスの詳細を入力します。「ライセンスのアクティブ化」を参照してください

    注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。
  2. [ID プロバイダーの設定] をクリックして、Qlik Sense Enterprise on Kubernetes (QSEoK) の IdP セットアップの指示を開きます。QSEoK の場合、IdP のセットアップは構成ファイルを使用して実行されます。Qlik Cloud Services では、セットアップは qlikcloud.com での形式で実行され、Qlik に送信されます。

  3. [展開] のタイトルをクリックして、展開設定ページを開きます。設定ページは、Qlik Sense Enterprise on KubernetesQlik Cloud Services の場合に同じです。セットアップ値は IdP プロバイダーから取得できます。

  4. [ユーザーの管理] のタイトルをクリックして、ユーザー関連の問題に関するページを開きます。「ユーザー ディレクトリ コネクタ」、「[ライセンス使用の概要] ページを理解する」、および「[ユーザー] 概要」を参照してください

  5. 展開を編集する場合は、Qlik Management Console のタイトルをクリックして QMC を開きます。