ユーザー同期化タスク: 関連するアイテム

次の関連するアイテムはユーザー同期化タスクで利用できます。

ユーザー アクセス

[ユーザー アクセス] は、リソースを編集する際に [関連するアイテム] から利用できます。プレビューには、ターゲット リソースと選択したアイテムにアクセスできるソース ユーザーが表示されます。権限に応じて、ユーザーやリソース、関連するルールを編集したり、表示することができます。

トリガー

[トリガー] はタスクを編集する際に [関連するアイテム] から利用できます。概要には、選択したタスクに関連付けられるトリガーのリストが含まれます。

プロパティ 説明
[名前] トリガー名。
[有効期間の開始日] トリガー作成時に入力された [開始] の値に従い、年・日・時刻が表示されます。
[有効期間の終了日] トリガー作成時に入力された [終了] 値に従い、年・日・時間が表示されます。
[スケジュール] トリガー作成時に選択された [スケジュール] の値に従い、繰り返しのパターンが表示されます。
[有効化]

ステータス値:Yes または No

 

[ID] トリガーの ID。
[作成日時] トリガーが作成された日時。
[最終変更日] トリガーが最後に変更された日時。
[変更者] トリガーを最後に変更した人物。

トリガーは概要から管理できます。トリガーを選択してアクション バーでボタンをクリックしてください。

[Edit] をクリックすると、トリガーの編集ページが表示されます。