条件 (詳細ビュー)

ルールを適用すべきリソースやユーザー条件を定義します。

構文

[resource.resourcetype = "resourcetypevalue"] [OPERATOR] [(((<resource.property = propertyvalue) [OPERATOR (resource.property = propertyvalue)))]

 

[基本] ビューのドロップダウン リストからリソースおよびリソース条件を選択すると、[詳細] ビューの [Conditions (条件)] 項目には、選択したリソース タイプに対応するコードが自動的に入力されます。

条件は、プロパティ値のペアを使用して定義されます。リソースやユーザー条件を指定する必要はありません。実際、[条件] 項目は空欄のままにしておくことができます。

条件を定義する順序は関係ありません。リソースを最初に定義してからユーザーやリソース条件を定義したり、その逆の順序で定義したりできます。ただし、リソースと条件を定義する順序は一貫させるようお勧めします。トラブルシューティングが容易になります。

複数の条件を使用すると、[Group] をクリックして 2 つの条件をグループ化できます。条件のグループ化後、[Ungroup] をクリックして、グループ化を解除できます。この他に、サブグループ化オプションには [Split] および [Join] があります。条件間の既定の演算子は、OR です。これは、演算子のドロップダウン リストで変更できます。AND が OR より上位になるように、条件をグループ化します。

[基本] セクションと [詳細] セクションの間での同期 (いわゆるバックトラッキング) を有効にするには、[基本] セクションで作成された条件にかっこを追加します。同様に、[基本] セクションでリソースを追加すると、[Conditions (条件)] テキスト フィールドに、条件が空欄のユーザー定義が自動的に設定されます。ただし、[詳細] セクションのみでルールを作成し、バックトラッキングの必要がなければ、上記の方法に従う必要はありません。

引数

引数説明
resource条件がリソースに適用されることを示唆します。
resourcetype

条件が [resourcetypevalue] で定義されたタイプのリソースに適用されることを示唆します。

また、プロパティ値を返す条件に対してあらかじめ定義された関数を使用することもできます。

resourcetypevalue少なくとも 1 つのリソース タイプを指定してください。
property

リソース条件のプロパティ名。利用可能な名前は、プロパティ を参照してください。

propertyvalue選択されたプロパティ名の値。
user条件がユーザーに適用されることを示唆します。

プロパティ

次のプロパティ グループを使用できます。

Content/add-load-balance.htm2基本設定

プロパティ説明
resource.@<customproperty>リソースに関連付けられているカスタム プロパティ。この例では、@Department はカスタム プロパティ名です。resource.@Department = Finance.

resource.@Department = user.userDirectory

resource.nameリソース名。resource.name like "*US*". 「US」を含む文字列が条件に一致します。
resource.idリソースの ID。resource.id=5dd0dc16-96fd-4bd0-9a84-62721f0db427 この場合のリソースはアプリです。

リソース ユーザーとオブジェクトの所有者

プロパティ説明
user.email

owner.email

ユーザーのメール。

所有者のメール。

user.email="user@domain.com"

owner.email="owner@domain.com"

user.environment.browserブラウザのセッション ベースの属性。「=」ではなく「like」演算子を使用します。ブラウザ データは、「Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0」のように、バージョンとその他の詳細を含む形式で送信されるためです。代わりに「=」演算子を使用することはできますが、その場合は値全体を指定する必要があります。 user.environment.browser like "*Firefox*"
user.environment.contextコンテキストのセッション ベースの属性。(QMC にはコンテキスト用の個別の設定があります)。 user.environment.context="Management Access"
user.environment.deviceデバイスのセッション ベースの属性。 user.environment.device="iPhone"
user.environment.ip

IP アドレスのセッション ベースの属性。

セキュリティ ルールの例: IP アドレス別のストリーム アクセス権

user.environment.osオペレーティング システムのセッション ベースの属性。 user.environment.os like "Windows*"
user.environment.secureRequestsecureRequest のセッション ベースの属性。値 true - SSL が使用される場合。それ以外の場合は falseuser.environment.secureRequest="true"
user.environment.[SAML attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.environment.[ticket attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.environment.[session attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.group

owner.group

ユーザーが属するグループ。

所有者が属するグループ。

user.group=resource.app.stream.@AdminGroup

owner.group=@Developers

user.userdirectory

owner.userdirectory

ユーザーが属するユーザー ディレクトリ。

所有者が属するユーザー ディレクトリ。

user.userdirectory="Employees"

owner.userdirectory="Employees"

user.userId

owner.userId

ユーザーの ID。

所有者の ID。

user.userId="<userID>"

owner.userId="<ownerID>"

user.roles

owner.roles

ユーザーのロール。

所有者のロール。

user.roles="AuditAdmin"

owner.roles="SystemAdmin"

注:

user.environment 条件を使用するには、仮想プロキシ内の [仮想セキュリティ環境] を有効にする必要があります。

参照先: 仮想プロキシ

リソース アプリ

プロパティ説明
stream.nameアプリの公開先のストリームの名前。

stream.name="Finance"

app.object リソース

プロパティ説明
app.stream.nameアプリ オブジェクトの公開先のストリームの名前。

app.stream.name="Test"

app.nameオブジェクトが属するアプリの名前。

app.name="Q3_Report"

approvedそのオブジェクトが、アプリの公開時のオリジナルアプリの一部であったかどうかを示すインジケーター。値: true または false。

resource.approved="true"

descriptionオブジェクトの説明。

resource.description="old"

objectType

考えられる値:

  • app_appscript
  • dimension
  • embeddedsnapshot
  • genericvariableentry

  • hiddenbookmark
  • masterobject
  • measure
  • sheet
  • snapshot
  • story
  • bookmark

resource.objectType="sheet"

publishedオブジェクトが公開されているかどうかを示すインジケーター。値: true または false。

resource.published="false"

app.content や reloadtask などのアプリ関連のリソース

プロパティ説明
app.stream.nameアプリの公開先のストリームの名前。

app.stream.name="Test"

app.nameアプリの名前。

app.name="Q3_Report"

リソース DataConnection

プロパティ説明
Type

データ接続のタイプ。

考えられる値:

  • OLEDB
  • ODBC
  • フォルダ
  • Internet
  • カスタム (すべてのカスタム コネクター向け)

resource.type!="folder"

SystemRule リソース

プロパティ説明
Category

システム ルール カテゴリ。

考えられる値:

  • セキュリティ
  • ライセンス
  • 同期

resource.category="license"

ResourceFilterルールのリソース フィルター。resource.resourcefilter matches "DataConnection_\w{8}-\w{4}-\w{4}-\w{4}-\w{12}"
RuleContext

ルールのコンテキスト。

考えられる値:

  • BothQlikSenseAndQMC
  • QlikSenseOnly
  • QMCOnly

resource.rulecontext="BothQlikSenseAndQMC"

Type

ルールのタイプ。

考えられる値:

  • 初期設定
  • Read only (読み取り専用)
  • Custom (カスタム)

resource.type!="custom"

ContentLibrary リソース

プロパティ説明
Type

考えられる値:

  • media

resource.type="media"

ServerNodeConfiguration リソース

プロパティ説明
IsCentral

セントラル ノードのインジケーター。値: true または false。

resource.iscentral="true"

nodePurposeノードの目的。development または production。

resource.nodepurpose="production"

UserDirectory リソース

プロパティ説明
userDirectoryName

ユーザー ディレクトリの名前。

resource.userDirectoryname="Employees"

UserSyncTask リソース

プロパティ説明
userDirectory.name

ユーザー ディレクトリ コネクタの名前。

resource.userDirectory.name="Employees"

userDirectory.userDirectoryName

ユーザー ディレクトリの名前。

userDirectory.userdirectoryname="Employees"

Widget リソース

プロパティ説明
library.name

そのウィジェットが属するライブラリの名前。

resource.library.name="Dev"

注: OS やブラウザのタイプなど外部コールから受け取った環境データは、Qlik Sense システムによって安全を確保されません。