演算子と条件の関数

QMC には予め定義されている関数が複数含まれており、対象リソースからプロパティ値を返すために使用できます。

論理演算子の適用順位付け

1 つ以上の論理演算子が条件内で使用されている場合は、 NOT がまず評価され、その次に AND、最後に OR が評価されます。s 丸括弧を使えば、必要でない場合であっても条件が読みやすくなり、演算子の適用順位付けができるため間違いのリスクを減らすことができます。

Example:  

A OR B AND C は Qlik Sense セキュリティ ルールでどのように解釈されますか。

A OR (B AND C)として解釈されます。