ユーザー ディレクトリ コネクタの編集

ユーザー ディレクトリ コネクタを編集できます。複数のユーザー ディレクトリ コネクターを、一度に編集することはできません。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー ディレクトリ コネクタ] を選択して、概要を表示します。

  2. 編集したいユーザー ディレクトリ コネクタを選択して、操作バーで [編集] をクリックします。

    編集ページが開きます。

  3. プロパティを編集します。

    ヒント: [ユーザー同期設定] プロパティ グループの [既存ユーザーのユーザー データを同期] を選択するか、選択をクリアして、同期の実行方法を決定します。

    [詳細設定] プロパティ グループで、[LDAP 追加フィルター] を使用して、ユーザーの選択のみを取得するフィルターを適用します (LDAP およびアクティブ ディレクトリに該当する場合のみ)。

     

    [適用] をクリックして変更を保存します。必須の項目が空欄の場合、[Apply] は無効になります。
  4. 操作バーで [適用] をクリックして、ユーザー ディレクトリ コネクターを作成および保存します。

    ページ最下部に [追加完了] と表示されます。

これでユーザー ディレクトリ コネクターの編集は完了です。

コネクタのプロパティの設定が、ユーザー ディレクトリとの通信を有効にしていない場合は、[The User Directory Connector (UDC) is not operational] と表示されます。 この場所で UserManagement_Repository ログを確認します: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Repository\Trace

[ユーザー ディレクトリ名] がすでに使用されていたり、項目が空欄の場合は、[The User Directory Connector (UDC) is not configured] と表示されます。