配布ポリシーの編集

配布ポリシーを使用して、Qlik Sense Enterprise から Qlik Sense Enterprise on Kubernetes および Qlik Cloud Services へのアプリの配布を有効化できます。配布ポリシーはセキュリティ ルールと似ています。いずれの場合も、ルールを適用するリソースおよび実行可能な操作を定義します。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、または [スタートS] ドロップダウン メニューから [配布ポリシー] を選択し、概要を表示します。

  2. 編集したいポリシーを選択します。

  3. アクション バーで [編集] をクリックします。

  4. [Edit distribution policy] (配布ポリシーを編集) ウィンドウでプロパティを編集します。

    ID

    プロパティ 説明 既定値
    テンプレートからルールを作成

    一部の値が自動的に入力されるように、ルール用のテンプレートを選択します。

    注: [テンプレートからルールを作成] の選択を変更すると、自動的にすべての [アクション] がクリアされ、[詳細設定] セクションの [条件] テキスト ボックスが変更されます。
    不特定
    無効化 ルールをアクティブにしない場合、ルールを無効化することを選択します。 オフ

    名前

    ルールに名前を付けます。

    説明

    オプション。ルールの説明を追加します。

    基本

    プロパティ 説明 既定値
    リソース フィルター このリストで、ルールを適用するリソースを選択します。App_* は、ルールはアプリにのみ適用され、アプリ オブジェクトおよびアプリ シートには適用されないことを意味することに注意してください。 App_*
    アクション ルールのアクションを選択します。 配布

    [アクション] でルール エディターを使用して、ルールの条件を定義します。この条件は、[詳細設定] セクションのテキスト ボックスに表示されます。

    条件を追加する場合は、P をクリックします (オプション)。 複数の条件を使用すると、[Group] をクリックして 2 つの条件をグループ化できます。条件のグループ化後、[Ungroup] をクリックして、グループ化を解除できます。この他に、サブグループ化オプションには [Split] および [Join] があります。条件間の既定の演算子は、OR です。これは、演算子のドロップダウン リストで変更できます。AND が OR より上位になるように、条件をグループ化します。

    [App distribution] (アプリ配布) ルールを作成し、リソース条件の [名前] を「MyApp」に設定すると、ルールは「MyApp」という名前のアプリに適用されます。ただし、[名前] を「MyApp*」に設定すると、名前が「MyApp」で始まるすべてのアプリにルールが適用されます。

    注:

    ワイルドカード (*) を使用する際は、"=" の代わりに "like" 演算子を使用する必要があります。

    詳細設定

    プロパティ 説明 既定値
    条件 このテキスト ボックスは、前述のポリシー エディターで行われた変更を反映します。テキスト ボックスに入力して、条件を定義できます。 ((subject.name=""))

    [ルールの検証] をクリックして、構文が正しいことを確認します。

    タグ

    プロパティ 説明
    タグ
    ヒント: 利用可能な QMC タグがない場合、このプロパティ グループは表示されません。

    テキスト ボックスをクリックすると、利用可能なタグが一覧表示されます。入力を始めると、リストが少なくなります。紐付けられているタグがテキスト ボックスの下に表示されます。

  5. 操作バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。