ユーザーの削除

必要な削除権限がある場合は、Qlik Sense システムからユーザーを削除できます。ユーザーを削除すると:

  • ユーザーは、Qlik Sense システムの一部ではなくなります。

  • セキュリティの観点から、ユーザーにはアクセス権が付与されません。
  • ユーザーのオブジェクトの所有権は sa_repository ユーザーに譲渡されます。カスタム プロパティなどユーザーに関する情報はすべて、ユーザーと共に削除されます。
注: Qlik Sense と接続しているディレクトリ サービスから削除されたユーザーは自動的に、QMC で非アクティブとなります。
ヒント: ユーザー ディレクトリ コネクタを削除する際は、そのユーザー ディレクトリからインポートされたユーザーをすべて削除するか選択できます。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー] を選択して、概要を表示します。

  2. 削除するユーザーを選択します。

    ヒント: フィルタリング オプション を使用して列にフィルターを適用できます。 .
  3. アクション バーの [Delete] をクリックします。

    [Delete] ダイアログが表示されます。

  4. [OK] をクリックします。