データ接続

データ接続により、データ ソースからデータを選択およびロードすることができます。すべてのデータ接続は、QMC から集中的に管理されています。データ接続は、Qlik Sense データ ロード エディタで作成されますデータ接続を作成したユーザーは自動的に、その接続の所有者となり、既定ではそのデータ接続にアクセスできる唯一のユーザーです。データ接続は、QMC で定義されたセキュリティ ルールを使用して他のユーザーと共有できます。

Qlik Sense Desktop で開発されたアプリをインポートすると、既存のデータ接続が QMC にインポートされます。サーバーからアプリをエクスポートすると、既存のデータ接続はそのアプリとともにはエクスポートされません。

注: インポートされるアプリのデータ接続名が、既存のデータ接続の名前と同じ場合、データ接続はインポートされません。つまり、インポートされたアプリは、インポートされたアプリのデータ接続ではなく、同一名のすでに存在するデータ接続を使用します。
ヒント: 所有者以外のユーザーにデータ接続へのアクセス権を付与するには、接続を編集するか、[セキュリティ ルール] のページに進みます。

[データ接続] 概要には、利用可能なデータ接続がすべて一覧表示されます。

既定では、QMC にはArchivedLogsFolder と ServerLogFolder の 2 つのデータ接続が含まれています。これらは QMC に一緒にインストールされている監視アプリ「License Monitor」と「Operations Monitor」に対するデータ接続です。管理者ロール (ルート、セキュリティ、コンテンツ、実装) のユーザーは、Qlik Sense ハブのデータ ロード エディタでデータ接続が利用できます。

注: [データ接続] の概要に DM と呼ばれる接続が含まれる場合、その接続は Qlik DataMarket 内部用となります。

次のテーブルでは、利用できる項目とボタンを示しています。既定では項目の一部のみが表示されます。列セレクター (') を使用して項目を追加できます。

ヒント: 列幅は、ヘッダーの線をドラッグすることで調整できます。
[名前] データ接続名。
[所有者] データ接続の所有者。
[タグ] データ接続に紐付けられているタグ。
[接続文字列]

データ接続の接続文字列。通常はデータ ソースやドライバー、パスの名前が含まれています。

[タイプ]

データ接続のタイプ。ODBC、OLEDB およびフォルダーなど標準的なデータ接続。

[ユーザー ID]

接続文字列で使用されているユーザー ID。

[ID] データ接続の ID。 既定では、表示されていない状態です。
[作成日時]

データ接続が作成された日時。

[最終変更日]

データ接続が最後に変更された日時。

[変更者]

データ接続を最後に変更した者。

[<カスタム プロパティ>]

カスタム プロパティがある場合はここに一覧表示されます。

SR

リストを昇順または降順で並べ替えます。並べ替えをサポートしない列もあります。

.

フィルターする文字列を入力するか、利用可能な場合は組込み値を選択します。フィルター条件に一致した行が表示されます。検索を絞り込むために、同時に複数の列でフィルターを使用できます。フィルターが列に適用されると、. が表示されます。

条件を削除するには、テーブル ヘッダー バーで [Actions] をクリックして、[Clear filters and search] を選択します。

検索とフィルタリングを組み合わせることができます。

QMC での検索とフィルタリング

[アクション]

フィルターと検索を消去したり、すべての行を選択または選択解除したり、折り返しを切り替えるオプション。

注: オプション [Select all rows] は現在表示されている行に適用されています。すべての行を選択する前にフィルターが適用されている行は、選択されていても無視されます。オプション [Deselect all rows] はフィルターが適用された行を含むすべての行に適用されています。
' 列セレクター: 概要で表示する列を選択します。B をクリックすると既定の列にリセットされます。
F

検索 - 基本とより高度な検索の両方。

QMC での検索とフィルタリング

ô

ページを更新します。

[編集] 選択したデータ接続を編集します。
[削除] 選択したデータ接続を削除します。
[詳細を表示] 概要では、既定のアイテムのセット数が表示されます。さらに多くのアイテムを表示するためには、リストの最後までスクロールして、[Show more (詳細を表示)] をクリックします。アイテムの検索や並べ替え、フィルタリングは、表示中のアイテムだけでなく、常にアイテムの全データベースのリスト上で実行されます。
ヒント: 概要でアイテムをダブルクリックすると、リソースの編集ページが開きます。複数選択するには、[Ctrl] キーを押しながら、アイテムをクリックするか、アイテムの上をドラッグします。