セキュリティ ルールの作成

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] Sドロップダウン メニューから [セキュリティ ルール] を選択します。

  2. 操作バーの [P 新規作成] をクリックします。

    左側に編集パネル (すべてのプロパティを保持)、右側に監査ページが配置された分割ページが表示されます。

  3. [ID] の、[テンプレートからルールを作成] ドロップダウン リストで、ルールを作成するリソースのタイプを選択します。

    ヒント: [詳細設定] セクションで、[リソース フィルター] テキスト ボックスの隣にある矢印をクリックすると、ポップオーバーが開き、フィルターとして使用するリソースを一度に複数選択できます。

    たとえば、[アプリ アクセス ルール] を作成し、リソース条件の [名前] を「MyApp」に設定すると、ルールは「MyApp」という名前のアプリに適用されます。ただし、[名前] を「MyApp*」に設定すると、名前が「MyApp」で始まるすべてのアプリにルールが適用されます。

    注: [Create rule from template] の選択を変更すると、自動的にすべての [アクション] がクリアされ、[Advanced] セクションの [Conditions] テキスト ボックスが変更されます。
  4. [Identification (ID)] で、ルールに名前を付け、説明を入力します。

  5. この時、ルールを有効にしたくない場合は、[無効] を選択します。

  6. 必要に応じて、リソース フィルターに新たなリソースを追加します。[リソース フィルター] テキスト ボックスの隣の S をクリックしてポップアップを開き、利用可能なリソースを表示させます。

  7. [基本] セクションで、P をクリックして条件を追加します (オプション)。

     

    複数の条件を使用すると、[Group] をクリックして 2 つの条件をグループ化できます。条件のグループ化後、[Ungroup] をクリックして、グループ化を解除できます。この他に、サブグループ化オプションには [Split] および [Join] があります。条件間の既定の演算子は、OR です。これは、演算子のドロップダウン リストで変更できます。AND が OR より上位になるように、条件をグループ化します。
    注:

    ワイルドカード (*) を使用する際は、"=" の代わりに "like" 演算子を使用する必要があります。

    リソース条件のプレゼンテーションについては、次を参照してください。利用可能なリソース条件

  8. 次を参照して、リソース フィルターを定義します。リソース フィルターの定義

  9. リソースのユーザーにアクセス権限を割り当てるには、該当する [アクション] を選択します。

  10. ルールが適用されるユーザーを指定するユーザー条件を選択します。

    警告: OS やブラウザのタイプなど外部コールから受け取った環境データは、Qlik Sense システムによって安全を確保されません。
  11. [詳細] ビューでは、ルールの適用先を [コンテキスト] ドロップダウン リストから選択できます。

  12. [プレビュー] をクリックすると、ルールが作成するアクセス権や、そのアクセス権が適用されるユーザーが表示されます。

  13. [適用] をクリックして、ルールを作成し、保存します。

    ページ最下部に [追加完了] と表示されます。