ライセンス ルールの作成

ライセンス ルールを作成すると、ログイン アクセス ルールを使用できるユーザーの指定が可能になります。ライセンス ルールがなくてもログイン アクセス ルールは設定できますが、システム全体にログイン アクセス ルールが適用されてしまうため、お勧めできません。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、または [スタートS] ドロップダウン メニューから [ライセンスの管理] を選択して、概要を表示します。

  2. パネル右側の [ログイン アクセス ルール] を選択します。

  3. ログイン アクセス ルールを選択し、[編集] をクリックします。

    ログイン アクセス ルールを新規作成します (「」を参照)。ログイン アクセス ルールの作成

  4. [関連するアイテム] で [ライセンス ルール] を選択します。

  5. [関連付けルールの作成] をクリックします。

  6. 必要に応じてライセンス ルールを編集します。

    1. ID
    2. 無効化 ルールを無効にする場合に選択します。このルールは、既定でオンになっています。
      名前 ログイン アクセス ルールの名前です。必須。
      説明 ルールの説明を入力します。
    3. 基本
    4. リソース フィルター リソース フィルターを変更すると、ルールが意図通りに動作しないことがあります。
      注: [アクセスの許可] オプションが自動で選択されます。
      演算子 説明と例
      =

      この演算子では大文字と小文字は区別されません。比較対象の数式と完全に等しい場合は True を返します。

      Example:  

      user.name = ”a*”

      名前が「a*」と完全に一致するユーザーがルールの対象になります。

      like

      この演算子では大文字と小文字は区別されません。比較対象の数式と等しい場合は True を返します。

      Example:  

      user.name like ”a*”

      名前が a で始まるすべてのユーザーがルールの対象になります。

      !=

      この演算子では大文字と小文字は区別されません。比較対象の数式の値が等しくない場合に True を返します。

      Example:  

      user.name != resource.name

      ユーザーと同じ名前ではないすべてのリソースがルールによって対象になります。

    5. 詳細設定
    6. 条件 ルールを適用すべきリソース条件やユーザー条件、複合条件を定義します。
  7. オプションとして、[詳細設定] プロパティを編集し、ルールの [条件] を作成します。

  8. [適用] をクリックして、ライセンス ルールを作成し、保存します。

    [ライセンス ルールは関連するアイテムに正常に追加されました] というメッセージがページの最下部に表示されます。