利用可能なリソース条件

次のテーブルは利用可能なリソース条件のリストです。

Content/add-load-balance.htm2基本設定

プロパティ 説明
resource.@<customproperty> リソースに関連付けられているカスタム プロパティ。この例では、@Department はカスタム プロパティ名です。 resource.@Department = Finance.

resource.@Department = user.userDirectory

resource.name リソース名。 resource.name like "*US*". 「US」を含む文字列が条件に一致します。
resource.id リソースの ID。 resource.id=5dd0dc16-96fd-4bd0-9a84-62721f0db427 この場合のリソースはアプリです。

リソース ユーザーとオブジェクトの所有者

プロパティ 説明
user.email

owner.email

ユーザーのメール。

所有者のメール。

user.email="user@domain.com"

owner.email="owner@domain.com"

user.environment.browser ブラウザのセッション ベースの属性。「=」ではなく「like」演算子を使用します。ブラウザ データは、「Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0」のように、バージョンとその他の詳細を含む形式で送信されるためです。代わりに「=」演算子を使用することはできますが、その場合は値全体を指定する必要があります。 user.environment.browser like "*Firefox*"
user.environment.context コンテキストのセッション ベースの属性。(QMC にはコンテキスト用の個別の設定があります)。 user.environment.context="Management Access"
user.environment.device デバイスのセッション ベースの属性。 user.environment.device="iPhone"
user.environment.ip

IP アドレスのセッション ベースの属性。

セキュリティ ルールの例: IP アドレス別のストリーム アクセス権

user.environment.os オペレーティング システムのセッション ベースの属性。 user.environment.os like "Windows*"
user.environment.secureRequest secureRequest のセッション ベースの属性。値 true - SSL が使用される場合。それ以外の場合は false user.environment.secureRequest="true"
user.environment.[SAML attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.environment.[ticket attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.environment.[session attribute]

認証時に入力されたセッションベースの属性 (user.environment.group など)。

user.environment.xxx="<属性名>"
user.group

owner.group

ユーザーが属するグループ。

所有者が属するグループ。

user.group=resource.app.stream.@AdminGroup

owner.group=@Developers

user.userdirectory

owner.userdirectory

ユーザーが属するユーザー ディレクトリ。

所有者が属するユーザー ディレクトリ。

user.userdirectory="Employees"

owner.userdirectory="Employees"

user.userId

owner.userId

ユーザーの ID。

所有者の ID。

user.userId="<userID>"

owner.userId="<ownerID>"

user.roles

owner.roles

ユーザーのロール。

所有者のロール。

user.roles="AuditAdmin"

owner.roles="SystemAdmin"

注:

user.environment 条件を使用するには、仮想プロキシ内の [仮想セキュリティ環境] を有効にする必要があります。

参照先: 仮想プロキシ

リソース アプリ

プロパティ 説明
stream.name アプリの公開先のストリームの名前。

stream.name="Finance"

app.object リソース

プロパティ 説明
app.stream.name アプリ オブジェクトの公開先のストリームの名前。

app.stream.name="Test"

app.name オブジェクトが属するアプリの名前。

app.name="Q3_Report"

approved そのオブジェクトが、アプリの公開時のオリジナルアプリの一部であったかどうかを示すインジケーター。値: true または false。

resource.approved="true"

description オブジェクトの説明。

resource.description="old"

objectType

考えられる値:

  • app_appscript
  • dimension
  • embeddedsnapshot
  • genericvariableentry

  • hiddenbookmark
  • masterobject
  • measure
  • sheet
  • snapshot
  • story
  • bookmark

resource.objectType="sheet"

published オブジェクトが公開されているかどうかを示すインジケーター。値: true または false。

resource.published="false"

app.content や reloadtask などのアプリ関連のリソース

プロパティ 説明
app.stream.name アプリの公開先のストリームの名前。

app.stream.name="Test"

app.name アプリの名前。

app.name="Q3_Report"

リソース DataConnection

プロパティ 説明
Type

データ接続のタイプ。

考えられる値:

  • OLEDB
  • ODBC
  • フォルダ
  • Internet
  • カスタム (すべてのカスタム コネクター向け)

resource.type!="folder"

SystemRule リソース

プロパティ 説明
Category

システム ルール カテゴリ。

考えられる値:

  • セキュリティ
  • ライセンス
  • 同期

resource.category="license"

ResourceFilter ルールのリソース フィルター。 resource.resourcefilter matches "DataConnection_\w{8}-\w{4}-\w{4}-\w{4}-\w{12}"
RuleContext

ルールのコンテキスト。

考えられる値:

  • BothQlikSenseAndQMC
  • QlikSenseOnly
  • QMCOnly

resource.rulecontext="BothQlikSenseAndQMC"

Type

ルールのタイプ。

考えられる値:

  • 初期設定
  • Read only (読み取り専用)
  • Custom (カスタム)

resource.type!="custom"

ContentLibrary リソース

プロパティ 説明
Type

考えられる値:

  • media

resource.type="media"

ServerNodeConfiguration リソース

プロパティ 説明
IsCentral

セントラル ノードのインジケーター。値: true または false。

resource.iscentral="true"

nodePurpose ノードの目的。development または production。

resource.nodepurpose="production"

UserDirectory リソース

プロパティ 説明
userDirectoryName

ユーザー ディレクトリの名前。

resource.userDirectoryname="Employees"

UserSyncTask リソース

プロパティ 説明
userDirectory.name

ユーザー ディレクトリ コネクタの名前。

resource.userDirectory.name="Employees"

userDirectory.userDirectoryName

ユーザー ディレクトリの名前。

userDirectory.userdirectoryname="Employees"

Widget リソース

プロパティ 説明
library.name

そのウィジェットが属するライブラリの名前。

resource.library.name="Dev"

注: 一部のリソース (environment.browser など) では、プロキシ設定で [拡張セキュリティ環境] を選択する必要があります。