アナライザー キャパシティ ライセンス

アナライザー キャパシティは消費ベースのライセンス タイプで、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ています。ユーザーは、ハブ内のストリームとアプリにアクセスし、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを消費できます。またユーザーは、アプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成および公開することもできます。シートまたはアプリの作成、編集、または公開はできません。

アナライザー キャパシティ ライセンスにより、アナライザー時間 (毎月の定義済み分時間 (カレンダー日付) ) に対してサブスクライブします。これらの分時間は、ユーザー間で共有され、匿名ユーザーを含むユーザー グループの一員になっている任意のユーザーが消費可能です。消費は 6 分単位で測定されます。新しい 6 分間ごとに、1 単位が消費されます。

ユニット消費の例

Qlik Cloud Services にアプリでの分析を開始するとします。その後 1 単位を消費します。6 分が経過すると、新しい単位を消費します。単位の消費はアクティブである限り続きます。26 分間アクティブの場合は、5 単位 (30 分) が消費されます。これは、24 分後に 4 単位が消費され、残りの時間中はもう 1 単位が消費されるからです。ログインしても何もしていなければ、消費は登録されません。同時にアクティブの場合 (Qlik Sense Enterprise on Windows など) も、単位の消費が生成されます。

アナライザー時間をすべて消費すると、毎月のリセットが行われるまで Qlik Sense にアクセスできなくなります。ロックアウトを回避するため、余分の時間をサブスクリプションに追加できます。余分の時間は、無制限にすることも、上限を定義することも可能です。詳しくは、次のページにある Qlik Sense のライセンス メトリックを参照してください: 「製品規約」。

アナライザー キャパシティ アクセスの概要

  • アナライザー アクセスでも同じ機能を利用可能です。

  • 匿名ユーザーを含むユーザー グループに割り当てられます。

  • 定義された時間に対する毎月のサブスクリプション。

  • 6 分ブロック内の消費。アイドル中の消費なし。

  • 余分の時間をサブスクリプションに追加可能。