分析接続

分析接続を使用すると、外部分析をビジネス ディスカバリと統合することができます。分析接続は、外部計算エンジンの呼び出し (このとき外部計算エンジンはサーバーサイド拡張 (SSE) として動作) によって、ロード スクリプトおよびチャートで使用可能な数式を拡張します。たとえば、R への分析接続を作成し、データのロード時に統計数式を使用できます。

[分析接続] 概要には、利用可能な分析接続がすべて一覧表示されます。 次のテーブルでは、利用できる項目とボタンを示しています。既定では項目の一部のみが表示されます。列セレクター (') を使用して項目を追加できます。

注: [分析接続] をスタート ページで表示するには、QMC へのアクセスに使用する仮想プロキシに負荷分散サーバーがあることが前提条件となります。[仮想プロキシの編集] ページの [負荷分散] で、負荷分散のサーバー ノードがあることを確認します。
名前

分析接続の名前。一意でなければなりません。プラグイン関数 (例えば、Python プラグインの場合の SSEPythonまたは R プラグインの場合の R) により、アプリの数式内から使用されるプラグインへのマッピング/エイリアス。

ホスト

分析接続のホストは、例えば同じマシン上では localhost、別のマシン上にある場合は mymachinename.qlik.com です。

ポート 接続時に使用するポート (整数)。
証明書ファイルのパス

証明書へのフル パス。このパスは、クライアントおよびサーバーの両方の証明書とキーを含むフォルダーを指し示す必要があります。このパスは、証明書が配置されているフォルダーを指し示しているだけです。証明書が実際にこのフォルダーにコピーされていることを確認する必要があります。3 つの証明書の名前は、root_cert.pem sse_client_cert.pemsse_client_key.pem とする必要があります。許可されているのは相互認証のみです (サーバーとクライアント間の認証)。

注: 証明書のファイル パスの設定は任意ですが、パスがないと接続は安全ではありません。
再接続タイムアウト (秒) 既定値: 20
要求タイムアウト (秒) 既定値: 0
ID 分析接続の ID。
作成日時 分析接続が作成された日時。
最終変更日 分析接続が最後に変更された日時。
変更者 分析接続を最後に変更した者。
[<カスタム プロパティ>] カスタム プロパティがある場合はここに一覧表示されます。
SR

リストを昇順または降順で並べ替えます。並べ替えをサポートしない列もあります。

.

フィルターする文字列を入力するか、利用可能な場合は組込み値を選択します。フィルター条件に一致した行が表示されます。検索を絞り込むために、同時に複数の列でフィルターを使用できます。フィルターが列に適用されると、. が表示されます。

条件を削除するには、テーブル ヘッダー バーで [Actions] をクリックして、[Clear filters and search] を選択します。

検索とフィルタリングを組み合わせることができます。

QMC での検索とフィルタリング

アクション

フィルターと検索を消去したり、すべての行を選択または選択解除したり、折り返しを切り替えるオプション。

注: オプション [Select all rows] は現在表示されている行に適用されています。すべての行を選択する前にフィルターが適用されている行は、選択されていても無視されます。オプション [Deselect all rows] はフィルターが適用された行を含むすべての行に適用されています。
' 列セレクター: 概要で表示する列を選択します。B をクリックすると既定の列にリセットされます。
F

検索 - 基本とより高度な検索の両方。

QMC での検索とフィルタリング

ô

ページを更新します。

[編集] 選択した接続を編集します。
削除 選択した接続を削除します。
P新規作成 新しい接続を作成します。
詳細を表示 概要では、既定のアイテムのセット数が表示されます。さらに多くのアイテムを表示するためには、リストの最後までスクロールして、[Show more (詳細を表示)] をクリックします。アイテムの検索や並べ替え、フィルタリングは、表示中のアイテムだけでなく、常にアイテムの全データベースのリスト上で実行されます。