QMC リソース概要

以下のテーブルで QMC で利用できるリソースすべてについて簡単に説明します。

リソース 説明

w アプリ

Qlik Senseアプリは、タスク固有の、目的に沿って構築されたアプリです。アプリを作成したユーザーは、自動的にアプリの所有者に割り当てられます。アプリを再利用、変更、共有することができます。

適切なアクセス権限がある場合は、Qlik Sense ハブからアプリを作成し、ストリームに公開することができます。アプリは、QMC から公開することもできます。 インストールされている Qlik Sense Desktop で作成されるアプリを公開するには、まずそのアプリを QMC からインポートする必要があります。 アプリ、ストリーム、ユーザーに適用されるセキュリティ ルールによって、コンテンツにアクセスできるユーザーおよびそのユーザーが実行できる内容が決まります。アプリは公開後ロックされます。サーバー デプロイメントの Qlik Sense ハブを介してコンテンツを公開済みのアプリに追加することは可能ですが、オリジナルのアプリで公開されたコンテンツは編集できません。

コンテンツ ライブラリ]

コンテンツ ライブラリは Qlik Sense ユーザーがアプリに共有コンテンツを追加することができるストレージです。

コンテンツ ライブラリを作成するユーザーは自動的にそのライブラリの所有者になります。ライブラリおよびライブラリ オブジェクトは、QMC で定義されたセキュリティ ルールを使用して他のユーザーと共有できます。

8 データ接続

データ接続により、データ ソースからデータを選択およびロードすることができます。すべてのデータ接続は、QMC から集中的に管理されています。データ接続は、Qlik Sense データ ロード エディタで作成されますデータ接続を作成したユーザーは自動的に、その接続の所有者となり、既定ではそのデータ接続にアクセスできる唯一のユーザーです。データ接続は、QMC で定義されたセキュリティ ルールを使用して他のユーザーと共有できます。

Qlik Sense Desktop で開発されたアプリをインポートすると、既存のデータ接続が QMC にインポートされます。サーバーからアプリをエクスポートすると、既存のデータ接続はそのアプリとともにはエクスポートされません。

注: インポートされるアプリのデータ接続名が、既存のデータ接続の名前と同じ場合、データ接続はインポートされません。つまり、インポートされたアプリは、インポートされたアプリのデータ接続ではなく、同一名のすでに存在するデータ接続を使用します。
8 分析接続

分析接続を使用すると、外部分析をビジネス ディスカバリと統合することができます。分析接続は、外部計算エンジンの呼び出し (このとき外部計算エンジンはサーバーサイド拡張 (SSE) として動作) によって、ロード スクリプトおよびチャートで使用可能な数式を拡張します。たとえば、R への分析接続を作成し、データのロード時に統計数式を使用できます。

4 アプリ オブジェクト

以下のアプリ オブジェクトを管理できます。

  • シート
  • ストーリー

アプリを作成したユーザーは自動的にアプリおよびアプリ オブジェクトの所有者に割り当てられます。アプリ オブジェクトは、属するアプリが公開されると公開されます。ユーザーは、Qlik Sense からアプリ オブジェクトを公開することで、未公開のアプリ オブジェクトをアプリに追加し、共有することができます。

ã ストリーム

ストリームを利用すると、ユーザーはアプリ、シート、ストーリーを読み取ったり公開したりできます。ストリームへの公開アクセス権があるユーザーは、その特定のストリームのコンテンツを作成できます。Qlik Senseサイトでのストリーム アクセス パターンは、各ストリームのセキュリティ ルールによって決まります。既定で、Qlik Sense には次の 2 つのストリームが含まれます。Everyone および Monitoring apps

1 つのアプリは、1 つのストリームにしか公開できません。別のストリームにアプリを公開したい場合、まずアプリを複製してから、別のストリームに公開します。

注: すべての認証ユーザーには [Everyone] ストリームの読み取りと公開権限があり、すべての匿名ユーザーには読み取り専用権限があります。あらかじめ定義された管理者のロールの 3 つ (RootAdmin、ContentAdmin、SecurityAdmin) には、Monitoring apps ストリームの読み取り権限と公開権限があります。

 

x タスク

タスクは幅広い作業を行うために使用され、任意のパターンでの連動が可能です。タスクは、Qlik Sense Scheduler Service (QSS) によって処理されます。2 種類のタスクがあります。

  • リロード
  • ユーザー同期化

タスク概要のページから、トリガーまたは手動で、タスク実行を開始します。タスクを実行する追加のトリガーを作成できます。トリガーには以下の 2 種類があります。 

  • スケジュールによるもの
  • タスク イベント
y ユーザー

ユーザーは、QMC のユーザー ディレクトリ コネクタを介してユーザー ディレクトリからインポートされます。

f 監査

QMC 監査ページで、リソースとユーザーのクエリや、Qlik Sense システムで定義されたセキュリティ ルールや負荷分散ルール、ライセンス ルールの監査を行うことができます。

Ä セキュリティ ルール

Qlik Sense システムには、属性ベースのセキュリティ ルール エンジンが組み込まれており、このエンジンでは、ルールを数式として使用して、ユーザーに付与するリソースに対するアクセス権のタイプを評価します。
f カスタム プロパティ

カスタム プロパティを作成して、セキュリティ ルールに自分自身の値を使用できるようにします。カスタム プロパティに 1 つまたは複数の値を定義して、リソースのセキュリティ ルールで使用します。

ä ライセンス管理

License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。主要なライセンス タイプには、ユーザーベースとトークンベースの 2 つがあります。

  • ユーザーベースのライセンス: プロフェッショナル アクセスおよびアナライザー アクセスを割り当てることができます。LEF によって、2 つのアクセス タイプの分布が決まります。
  • トークンベースのライセンス: ユーザー アクセスおよびログイン アクセスを割り当てることができます。LEF により、2 つのアクセス タイプに割り当てることができるトークン数が決まります。

これらの 2 種類の他に、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ているものの、消費が時間ベース (アナライザー タイム) になっているアナライザー キャパシティ ライセンスがあります。

アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできます。

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。
g 拡張機能

拡張機能には、ウィジェット ライブラリ、カスタム テーマ、またはビジュアライゼーション エクステンションなどさまざまなものがあり、これらを使用して、たとえば、多様な地域を選択できるインタラクティブ マップで、データを可視化します。

z タグ

QMC のリソース概要ページから効率よく環境を検索して管理できるようにするには、タグを作成してリソースに適用します。

On-Demand アプリ On-Demand アプリはもちろん、選択アプリとテンプレート アプリも QMC からストリームに公開されます。
â ユーザー ディレクトリ コネクタ

ユーザー ディレクトリ コネクタ (UDC) は構成済みのディレクトリ サービスに接続してユーザーを取得します。インストールされる Qlik Sense に組み込まれている UDC は、Generic LDAP、Microsoft Active Directory、ApacheDS、ODBC、Access (ODBC 経由)、Excel (ODBC 経由)、SQL (ODBC 経由)、および Teradata (ODBC 経由) です。

注: ローカル ユーザーが Qlik Sense にログオンする場合、UDC は不要です。ただし、ローカル ユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アクセスを割り当てる必要があります。プロフェッショナル アクセス ルールまたはアナライザー アクセス ルール (ユーザーベースのライセンス) あるいはユーザー アクセス ルールまたはログイン アクセス ルール (トークンベースのライセンス) を使用して、アクセスを割り当てることができます。あるいは、まずローカル ユーザーがログオンしてユーザーとして認識され、それからトークンが割り当てられるようにすることもできます。

新しいユーザー ディレクトリ コネクタは QMC で作成します。

ã 監視アプリ Qlik Sense ログ ファイルからのデータを表示する統治アプリ、License Monitor と Operations Monitor を含むストリーム。
v サービス クラスター

マルチ ノード サイトの場合、サービス クラスターは、すべてのノードの場合に、永続タイプ、データベース接続、および静的コンテンツ フォルダーなどの構成を保存します。設定を統一できるように、すべてのノードがサービス クラスターにリンクされています。

v ノード

ノードは構成済みの Qlik Sense サービスを使用しているサーバーです。どの実装にも必ずセントラル ノードがあり、異なるサービスの構成用にノードを追加できます。どのノードにも必ずリポジトリがあります。

Qlik Sense のサイトは、共通の論理リポジトリあるいはセントラル ノードに接続された 1 つ以上のサーバー マシン (ノード) の集まりです。

注: Shared Persistence マルチ ノード環境を設置している場合、1 つ以上のノードをフェールオーバー候補にすることができます。セントラル ノードでエラーが発生すると、フェールオーバー候補がセントラル ノードのロールを担います。
注: マルチノードのインストールでは、セントラル ノードの QMC から Qlik Sense サイト全体を管理します。リム ノードからQMCにアクセスすることはできますが、QMCからリポジトリへのリクエストがセントラル ノードのリポジトリに転送されます。
{ エンジン

Qlik Sense Engine Service (QES) は、アプリケーションのすべての計算とロジックを処理するアプリケーション サービスです。

p 印刷 Qlik Sense Printing Service (QPR) は、PDF ファイルや画像ファイルへのオブジェクトのエクスポートと印刷を管理します。
å プロキシ

Qlik Sense Proxy Service (QPS) は、Qlik Sense の認証、セッション ハンドリング、負荷分散を管理します。

å 仮想プロキシ 1 つ以上の仮想プロキシが各 Qlik Sense Proxy Service (QPS) で実行され、複数のサイトの認証、セッションの処理、シングル プロキシ ノードの負荷分散方法をサポートできるようにします。
á スケジューラ

Qlik Sense Scheduler Service (QSS) はスケジュール済みのタスク (Qlik Sense アプリまたはユーザー同期化のリロード) とタスク チェーンを管理します。Qlik Sense の実装のタイプにより、QSS は、マスターとして、あるいはスレーブとして、あるいはその両方として、ノード上で稼働します。

H リポジトリ

Qlik Sense Repository Service (QRS) は、Qlik Sense アプリ、ライセンス、セキュリティ、サービス構成データの持続性と同期を管理します。QRSQlik Sense Repository Database に付属し、Qlik Sense アプリを稼働および提供するその他すべての Qlik Sense サービスで必要です。さらに、QRS には Qlik Sense アプリの構造およびバイナリ ファイル (ローカル ファイル システムに保存されているアプリのデータ) へのパスが保存されています。

Ó配布ポリシー

公開アプリを Qlik Sense Enterprise on Kubernetes または Qlik Cloud Services の展開に配布できるかどうかは、配布ポリシーにより決定されます。配布するには、公開アプリに接続されている配布ポリシーがあることが必要です。

ô

負荷分散ルール

負荷分散ルールは、リソースへのノードのアクセス権を定義します。

® 証明書

Qlik Sense は認証のために証明書を使用します。証明書により、Qlik Sense サイト内のノード間における信頼性が保たれています。証明書は、複数のノード上にあるサービス間の通信を認証するために、Qlik Sense サイト内で使用されます。