ビジュアライゼーションのスクロール

ビジュアライゼーションでスワイプ/ドラッグしてパンおよびスクロール操作を行ってから、囲み選択をオンにして描画および選択できます。

ビジュアライゼーションを使った作業の際には、データを探すためにスクロールする必要があります。 特にタッチ式デバイスの場合は、スワイプしてスクロールする方法が一般的です。データをスワイプして、目的のデータまでスクロールして選択します。スクロールする場合は、スクロールが中断されたり誤って選択することがないよう、選択範囲の描画や囲み選択は無効になります。その他の選択オプションは、通常どおり使用できます。

囲み選択による選択を含む散布図

Scatter plot with a lasso selection made.

スクロールと囲み選択の使用

囲み選択がオンになった時の操作は、使用しているデバイスによって異なります。

タッチ式デバイスの操作

次の手順を実行します。

  1. タップ Lasso囲み選択をオンにします。

  2. 選択範囲を描画します。

    連続して選択できます。

  3. 選択を確定します。

選択範囲間のスクロールやパンが必要な場合は、2 本指スワイプを使用します。

コンピュータ (マウス) の操作

次の手順を実行します。

  1. Shift を押しながら選択範囲を描画します。

    連続して選択できます。 Shift を押し続けている間は、囲み選択がオンになっています。

  2. 選択を確定します。

代替手順

次の手順を実行します。

  1. 選択せずに、ビジュアライゼーション内でクリックします。

    ビジュアライゼーションの最上部に選択オプションが表示されます。

  2. をクリックして、 Lasso囲み選択をオンにします。
  3. 選択を確定します。

選択間をスクロールし、パンする必要がある場合は、 Lassoをクリックして囲み選択のオンとオフを切り替えることができます。

囲み選択をオンにする必要があるビジュアライゼーション

次のビジュアライゼーションでは、囲み選択を有効化する必要があります。

  • 棒グラフ
  • ボックス プロット
  • コンボ チャート
  • 分布プロット
  • 折れ線グラフ
  • マップ
  • 円グラフ
  • 散布図
  • ツリーマップ