Network chart エクステンション

ネットワーク グラフ (Network chart) により、データ セットからシートまでの接続ノードとエッジによるネットワークを描画できます。ネットワーク グラフには、情報の流れ、コンポーネントの相互作用、ネットワーク内のコンポーネントの配置場所が示されます。ネットワーク グラフは Visualization Bundle に含まれています。

ネットワーク グラフでは、広範な概要や詳細な部分が表現されます。ノードはシステムのコンポーネントを表し、エッジはコンポーネントからコンポーネントへの情報の動きを示します。ネットワーク ノードは、最も頻繁に相互作用する相手のノードに接続されます。このビジュアライゼーションでは、さまざまなスタイル、色、サイズ、画像を使用してネットワークの異なるレベルを表現します。

含まれる要素

3 つの軸を定義する必要があり、任意で 4 つ目の軸を定義できます。

  • ノード識別子: この軸により、チャートに表示されるノードを制御します。
  • ノード ラベル: この軸により各ノードのラベルを設定します。
  • 親ノード: この軸により、ノードの親を設定し、ノード間の関係を制御します。接続先の親のノード識別子の値が入力されている必要があります。
  • ノード グループ (任意): この軸を使用してノードをグループ化できます。同じグループ内のすべてのノードは同じ色で色付けされます。

メジャーを 3 つまで使用して図の内容を強化できます。すべてのメジャーは任意ですが、次の順序で追加する必要があります。

  1. ツール ヒント: ノードにマウスを合わせたときにツール ヒントに表示されるメジャーの値を設定できます。
  2. ノード サイズ: メジャーに従ってノードのサイズを設定できます。
  3. エッジ サイズ: メジャーに従ってノード間の線幅を設定できます。
注: ノード サイズを設定できるようにするには、まずツール ヒントを追加する必要があります。エッジ サイズはツール ヒントとノード サイズを追加した後に設定できます。

使用に適しているケース

ネットワーク グラフの図により、コンピューターまたは無線通信ネットワークを示すことができます。図には、ネットワークのコンポーネントと、コンポーネントどうしの相互作用が示されます。たとえば、接続されているコンピューター、プリンター、モデム、ハブ、ルーターのグループなどです。このタイプのチャートは次の場合に有効です。

  • ネットワークの構造計画。
  • 既存ネットワークに応じた更新の調整。
  • ネットワーク問題の報告とトラブルシューティング。
  • コンポーネントの把握。
  • 詳細なネットワーク文書の作成。

データの書式設定

ネットワーク グラフには、各レコードに複数の親と子を持つことができるネットワーク データ モデルに従って、一貫して構造化されているデータが必要です。各レコードには、少なくとも以下の項目が含まれている必要があります。

  • ノードを識別する項目 (つまりノード識別子)。ノード識別子の値は、0 から始まる順列の整数値になっている必要があります。
  • ノードの名前の付いた項目。
  • 親ノードを定義する項目。この値は、別のノードのノード識別子である必要があります。この項目が空で、このノードを参照する他のレコードがない場合は、切断されたノードが作成されます。
ヒント: 各ノードに親が 1 つ存在する階層型データ モデルを使用することも可能です。この場合はツリー形状のチャートが作成されます。

次に、テキスト エディターに Airports.csv として保存し、新しいアプリにロードすることができるサンプル データを示します。この例は、空港間の乗客の流れを示しています。

  • ID は空港ノードの識別子です。
  • Name は空港ノードの名前です。これは、ノードのラベルとして使用されます。
  • LinkTo には、親ノードのノード識別子が格納されています。
  • Group はノードのグループを示します。この情報は、グループに応じたノードの色分けに使用されます。
  • Volume は、IDLinkTo の間の乗客の流れの量です。この情報は、ツール ヒントのメジャー、ノード サイズ、エッジ サイズとして使用できます。
ID;Name;LinkTo;Group;Volume 0;Frankfurt;;0; 1;London;0;1;5 2;Madrid;0;1;4 2;Madrid;1;1;8 3;Warsaw;0;1;7 4;Arlanda;0;1;1 3;Warsaw;1;1;5 4;Arlanda;1;1;6 5;Tunis;0;2;8 5;Tunis;2;2;4 6;Berlin;0;1;6 6;Berlin;4;1;4 7;Rome;0;1;6 7;Rome;6;1;3 8;San Fransisco;0;3;2 9;New York;0;3;9

ネットワーク グラフの作成

このネットワーク グラフの例では、基本データ セットに基づいて世界中の空港どうしの繋がりを図示します。ここでは、「データの書式設定」でのデータ セット例を使用します。データ セット例をテキスト ファイルに保存し、新しいアプリを作成し、データ セット例をロードすることによって準備します。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで [カスタム オブジェクト Visualization bundle] を開き、[ネットワーク グラフ] オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. 一番上の [軸の追加] ボタンをクリックし、ノード識別子として「ID」を選択します。
  3. 2 番目の [軸の追加] ボタンをクリックし、ノード ラベルとして「Namae」を選択します。
  4. 3 番目の [軸の追加] ボタンをクリックし、親ノードとして「LinkTo」(リンク先) を選択します。
  5. プロパティ パネルで [データ] をクリックします。[ノード グループ] で [軸を追加] ボタンをクリックし、グループ軸として「Group」を選択します。
  6. [メジャー] の [ツール ヒント] で [追加] ボタンをクリックし、[Volume] > [Sum(Volume)] を選択します。
  7. [ノード サイズ] で [追加] ボタンをクリックし、[Volume] > [Sum(Volume)] を選択します。
  8. [エッジ サイズ] で [追加] ボタンをクリックし、[Volume] > [Sum(Volume)] を選択します。

    チャートが表示されます。

A chart with four dimensions and three measures in a dynamic edge type, with dot nodes, and visible curve values.

動的エッジ タイプで、ドット ノードと可視曲線値を含み、軸が 4 つでメジャーが 3 つのチャート。

チャートの外観の変更

グラフは 1 つ以上の機能を指定してカスタマイズできます。

エッジ タイプの設定

プロパティ パネルの [設定] > [Edge Type] で、チャート ノード間の曲線の形状を設定できます。メニューからチャート曲線の形状オプションを選択します。

Examples:  

A chart with dynamic edge type (curves).

動的エッジ タイプ (曲線) のチャート。

The same chart with curved CW edges.
曲線 CW エッジの同じチャート。

エッジ値の切り替え

エッジ値は、チャート ノードとそれらの幅の間の曲線の値を表します。このオプションにより、各曲線の数値を非表示にします。値を非表示にするには、プロパティ パネルの [設定] > [Display edge value] でスライド ボタンを左にスライドしてこのオプションをオフにします。

エッジ ラベルの設定

エッジ ラベル値は各チャート曲線の数値です。これらのラベルは、位置を変更したり非表示にしたりすることができます。

  • Hide edge label value: このオプションにより、ネットワーク グラフのエッジ ラベルを非表示にします。プロパティ パネルの [設定] > [Display edge value] で、スライド ボタンを切り替えます。

  • Edge label position: このオプションにより、各チャート曲線上でのエッジ値の表示位置 (上または下) を決定します。メニューから該当するオプションを選択します。

ノード形状の設定

ノードの形状はカスタマイズすることができます (点、方形、ダイアモンド形、または三角形)。プロパティ パネルで [設定] > [Node shape] の順に移動し、メニューからノード形状を選択します。

影オプションの切り替え

このオプションにより、(背景をハイライトするのに使用される) チャート曲線およびノードの背後の影効果をオフにすることができます。プロパティ パネルの [設定] > [Display shadow] で、スライド ボタンを切り替えます。

ソート

既定のソート順序が選択されているシステムの場合 (プロパティ パネルの [ソート] から選択済みの軸またはメジャーで設定)、[ソート] は「自動」に設定されます。ソート順は数式によって個別に変更できます。

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルの [ソート] で、軸またはメジャーのメニューを開きます。
  2. [ソート] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを「自動」から「カスタム」に切り替えます。
  3. [数式によるソート] チェック ボックスをオンにします。
  4. [数式] で順序文字列を入力し、Enter を押します。数式エディター (Expression) の数式をつかって色を変更することもできます。
  5. 下のメニューで [昇順] または [降順] を選択して開始順序を選択します。

数値書式

メジャー値は書式設定することが可能です。同じ値に、貨幣、日付、または期間などの異なる書式設定を適用可能です。チャートが更新され、変更された数値型が反映されます。

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルで [データ] > [メジャー] をクリックし、選択したメジャーをクリックします。
  2. [数値書式] メニューで、適切な数値書式を選択します。
  3. パネルの項目に詳細を入力します。これらの項目は、グラフを設定するときに「自動」以外のオプションを選択すると表示されます。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するエクステンション バンドルの 制限」を参照してください。