ユーザー インターフェース内での移動

Qlik Sense は Web ベースのアプリケーションで、異なるビューを備えています。

ハブは開始点であり、使用するすべてのアプリがそこに表示されます。どのハブ内のアプリも表示および操作が可能です。Qlik Sense Enterprise ハブで新しいアプリを作成します。

Qlik Sense Enterprise ハブでは、アプリの作成、開発、公開、消費を行うことができます。実行できる内容は、Qlik Sense 管理者がユーザーに割り当てた権限によって異なります。

組織で Qlik Sense Enterprise をどのように展開したかによって、1 つまたは複数のクラウド ハブを使用できる場合があります。Qlik Sense を使用するための Web アドレスは管理者から提供されます。どのハブにアクセスできるかは、提供されるアドレスによって決まります。

アプリは、クラウド ハブで表示し、インタラクティブに操作できます。アクセス権を持っているスペースでは、ユーザーの役割と権限に応じて、作成、開発、共有することもできますユーザー ロールはテナント管理者によって割り当てられます。 スペースの権限は、スペースの所有者と管理者によって割り当てられます。

Qlik Sense Enterprise のクラウド ハブは Qlik Sense Cloud とは異なり、スタンドアロンのソフトウェアで、Qlik が提供するサービスとして機能します。たとえば、Qlik Sense Enterprise から Qlik Sense Cloud に直接公開することはできません。

ハブ

ハブはあらゆる操作のスタート ポイントで、すべてのアプリがここに表示されます。

詳しくは、ハブクラウド ハブQlik Sense Desktop のハブ を参照してください。

アプリ概要

ハブからアプリを開くと、アプリ概要が表示されます。ここから、アプリに含まれているあらゆるコンテンツ (シート、ストーリー、ブックマークなど) を閲覧できます。

詳細については、「アプリ概要」を参照してください。

データ マネージャー

データ マネージャーでスクリプトを使用しなくてもデータ ソースを追加することができます。

詳細については、「データ マネージャーによる、アプリでのデータの管理」を参照してください。

データ ロード エディター

データ ロード エディターでは、アプリにデータをロードするスクリプトを作成して編集し、実行できます。

詳細については、「データ ロード エディタ」を参照してください。

データ モデル ビューアー

データ モデル ビューアを使用すると、アプリにロードしたデータの概要を確認できます。

詳細については、「データ モデル ビューアー」を参照してください。

シート ビュー

アプリ内でシートを開くと、シート ビューが表示されます。ここでアプリの開発と分析を行います。

詳細については、「シート ビュー」を参照してください。

ストーリーテリング ビュー

アプリでストーリーを開くと、ストーリーテリング ビューが表示されます。ここではデータ ディスカバリやインサイトに基づいてストーリーを構築できます。

詳しくは「ストーリーテリング ビュー」を参照してください。