ApplyMap - スクリプト関数

ApplyMap スクリプト関数は、以前ロードされたマッピング テーブルの数式のアウトプットのマッピングに使用されます。

Syntax:  

ApplyMap('map_name', expression [ , default_mapping ] )

Return data type: dual

Arguments:  

引数 説明
map_name

以前に mapping load または mapping select ステートメントで作成されたマッピング テーブルの名前です。この名前は、単一引用符で囲む必要があります。

警告: この関数をマクロ展開の変数で使用し、存在しないマッピング テーブルを参照する場合、関数呼び出しが失敗して項目は作成されません。
expression 結果がマッピングされる数式です。
default_mapping

指定された場合、この値は、マッピング テーブルに expression に一致する値が存在しない場合、既定値として使用されます。指定されない場合は、expression の値がそのまま返されます。

警告: ApplyMap の出力項目の名前は、ApplyMap の入力項目の名前と同じにしないようにする必要があります。同じにすると予期しない結果になる可能性があります。使用しない例:ApplyMap('Map', A) as A

Example:  

この例では、Salesperson とその居住国の国コードのリストをロードします。国コードを国名に置き換えるために、国コードを国にマッピングしたテーブルを使用します。このマッピング テーブルでは、3 つの国のみが定義されており、他の国は 'Rest of the world' としてマッピングされています。

// Load mapping table of country codes: map1: mapping LOAD * Inline [ CCode, Country Sw, Sweden Dk, Denmark No, Norway ] ; // Load list of salesmen, mapping country code to country // If the country code is not in the mapping table, put Rest of the world Salespersons: LOAD *, ApplyMap('map1', CCode,'Rest of the world') As Country Inline [ CCode, Salesperson Sw, John Sw, Mary Sw, Per Dk, Preben Dk, Olle No, Ole Sf, Risttu ] ; // We don't need the CCode anymore Drop Field 'CCode';

出力されるテーブル (Salespersons) は次にようになります。

Salesperson Country
John Sweden
Mary Sweden
Per Sweden
Preben Denmark
Olle Denmark
Ole Norway
Risttu Rest of the world