GeoReduceGeometry - スクリプトおよびチャート関数

GeoReduceGeometry() は、ジオメトリの頂点数を削減し、多数のエリアを 1 つのエリアに集計します (各エリアの境界線は維持されます)。

Syntax:  

GeoReduceGeometry(field_name[, value])

Return data type: string

Arguments:  

引数 説明
field_name 表現するジオメトリを含む項目を参照する項目または数式。これは、経度または緯度、エリアを示すいずれかのポイント (またはポイント セット) の場合があります。
value

ジオメトリに適用する削減量。範囲は 0~1 で、0 は削減なし、1 は頂点の最大削減量を意味します。

注: 複雑なデータ セットで value を 0.9 以上に設定すると、視覚的表現が不正確になるレベルまで頂点の数を削減することができます。

GeoReduceGeometry()GeoAggrGeometry() と同様の関数を実行し、多数のエリアを 1 つのエリアに集計します。GeoReduceGeometry() を使用する場合、個別の境界線と集計前のデータの差がマップに表示されます。

GeoReduceGeometry() は集計関数のため、スクリプトで使用する場合は Group by 節を含む LOAD ステートメントが必要です。

GeoAggrGeometry - スクリプトおよびチャート関数

ユーザー独自のマップ データのロード