GeoBoundingBox - スクリプトおよびチャート関数

GeoBoundingBox() は、ジオメトリをエリアに集計し、すべての座標を含む最小境界ボックスを計算します。

GeoBoundingBox は 4 つの値 (左、右、上、下) のリストとして表されます。

Syntax:  

GeoBoundingBox(field_name)

Return data type: string

Arguments:  

引数 説明
field_name 表現するジオメトリを含む項目を参照する項目または数式。これは、経度または緯度、エリアを示すいずれかのポイント (またはポイント セット) の場合があります。

GeoBoundingBox()は、ジオメトリのセットを集計し、ジオメトリを集計したすべての座標を含む最も小さい長方形の 4 つの座標を返します。

マップの結果を表示するには、4 つの座標の結果文字列をポリゴン形式に変換し、地理ポリゴン形式で変換した項目にタグ付し、その項目をマップ オブジェクトにドラッグ アンド ドロップします。マップ ビジュアライゼーションに長方形のボックスが表示されます。

ユーザー独自のマップ データのロード