クラウド タグ付きのハブへのアプリの公開

アプリは、書き込みアクセス権を持っているタグ付きのクラウド ハブに公開できます。これはストリームへの公開と同時に実行します。すでにストリーム内にあるアプリでも、タグ付きのクラウド ハブに公開できます。

アプリを Qlik Sense Enterprise 内のストリームに公開する場合は、Qlik Sense 管理者が作成した配布ポリシーによって、カスタム アプリ プロパティを使用してタグ付きのアプリを受け取るターゲット クラウド ハブが決まります。アプリをストリームに公開するときには、公開先のクラウド ハブとタグを制御するとともに、アプリへのアクセスを制御できます。また、アプリのプロパティをすでにストリーム内に存在する公開済みアプリに適用することもできます。これらのプロパティを設定する場合、Qlik Sense は、タグが選択されている、選択したクラウド ハブにストリーム内のアプリをコピーします。

展開に、を含むクラウド ハブが複数存在する場合は、その 1 つを選択する必要があります。

警告:

制限されているデータを公開しないようにするには、アプリを公開する前に、セクション アクセス設定が含まれるすべての添付ファイルを削除します。

添付したファイルは、アプリが公開されるときに含まれます。公開済みアプリがコピーされると、添付ファイルがそのコピーに含まれます。ただし、添付したデータ ファイルにセクション アクセス制限が適用されている場合、ファイルがコピーされるときにセクション アクセス設定が保持されません。そのため、コピーしたアプリのユーザーは、添付ファイルのすべてのデータを表示することができます。

公開済みのアプリは、適用されているアプリのプロパティを削除することにより、クラウド ハブのから削除できます。アプリを削除すると、そのアプリはクラウド ハブのからも削除されます。

タグ付きのクラウド ハブへのアプリの公開

注:

タグ、公開先のクラウド ハブ、およびユーザー グループ アクセス権のカスタム プロパティは、Qlik Sense 管理者が設定します。これらの名前は、この手順で使用されている名前とは異なる場合があります。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense Enterprise ハブで [作業] のアプリを右クリックして、[公開] を選択します。

  2. [ストリーム名] ドロップダウン リストでストリームを選択します。

    注: 1 つのストリームのみに対するアクセス権がある場合は、ドロップダウン リストが表示されません。
  3. 注: 同じ名前を持つ多数のアプリをストリームに公開することは可能です。同じ名前を持つ公開済みのアプリが 1 つのストリーム内にある場合は、Qlik Sense がそれを示します。
  4. オプションで、[アプリ名] 項目でアプリの名前を変更できます。この項目に、ハブから選択したアプリの名前が表示されます。

  5. [管理] をクリックします。
  6. アプリのプロパティから、collections を選択して、タグを選択します。
  7. 展開に複数のクラウド ハブが含まれている場合は、distribution を選択してクラウド ハブを選択します。
  8. 展開でアクセス制御を使用している場合は、groupswithaccess を選択してユーザー グループを選択します。
  9. [適用] をクリックします。
  10. [公開] をクリックします。

これで公開済みのアプリは、選択したストリームとともに、[プロパティの管理] ダイアログで選択したタグ付きクラウド ハブにも配置されます。[公開済み] に、ストリーム内の公開済みアプリにリンクする、公開済みアプリのエントリが表示されます。

Qlik Sense 管理者が設定した配布ポリシーによって配布が必要であると判断された場合、アプリはクラウド ハブに配布されます。アプリは、[コレクション] アプリ カスタム プロパティで指定されているタグにより使用できます。

注:

アプリのサイズによっては、クラウド ハブ内にアプリが表示されるまで数分かかる場合があります。

ストリーム内の公開済みアプリをコレクションに公開する

注:

タグ、公開先のクラウド ハブ、およびユーザー グループ アクセス権のカスタム プロパティは、Qlik Sense 管理者が設定します。これらの名前は、この手順で使用されている名前とは異なる場合があります。

次の手順を実行します。

  1. ストリームでアプリを右クリックして、[プロパティの管理] を選択します。

  2. アプリのプロパティで、プロパティのリストから collections を選択し、タグを選択します。
  3. 展開に複数のクラウド ハブが含まれている場合は、プロパティのリストから distribution を選択してクラウド ハブを選択します。
  4. 展開でアクセス制御を使用している場合は、プロパティのリストから groupswithaccess を選択してユーザー グループを選択します。
  5. [適用] をクリックします。

これで公開済みのアプリは、選択したストリームとともに、[プロパティの管理] ダイアログで選択したタグ付きクラウド ハブにも配置されます。

Qlik Sense 管理者が設定した配布ポリシーによって配布が必要であると判断された場合、アプリはクラウド ハブに配布されます。アプリは、[コレクション] アプリ カスタム プロパティで指定されているタグにより使用できます。

注:

アプリのサイズによっては、クラウド ハブ内にアプリが表示されるまで数分かかる場合があります。

公開済みアプリのタグ、クラウド ハブ、またはユーザー アクセス権の設定の変更

次の手順を実行します。

  1. ストリームでアプリを右クリックして、[プロパティの管理] を選択します。
  2. 新しいタグまたはクラウド ハブにアプリを追加したり、ユーザー グループ アクセスを追加したりするには、アプリのプロパティを選択し、新しい値を選択します。
  3. タグまたはクラウド ハブからアプリを削除したり、グループ アクセスを削除したりするには、プロパティ名で E をクリックします。
  4. [適用] をクリックします。

これで公開済みのアプリは、選択した選択したタグ付きのクラウド ハブに配置されます。

Qlik Sense 管理者が設定した配布ポリシーによって配布が必要であると判断された場合、アプリはクラウド ハブに配布されます。アプリは、[コレクション] アプリ カスタム プロパティで指定されているタグにより使用できます。

注:

アプリのサイズによっては、クラウド ハブ内にアプリが表示されるまで数分かかる場合があります。

アプリからのタグの削除

次の手順を実行します。

  • Qlik Sense Enterprise ハブでアプリを右クリックして、[プロパティの管理] を選択します。タグE をクリックして、[適用] をクリックします。

選択したタグからアプリが削除されます。