スクリプト実行によるデータのロード

ツールバーで [データのロード°] をクリックしてスクリプトを実行し、アプリにデータをリロードします。アプリはデータのロード前に、自動的に保存されます。

[データのロード進捗状況] ダイアログが表示されます。ここでは、データのロードを [中止] できます。データ ロードが完了すると、ダイアログのステータスが更新され ([成功] または [失敗] のいずれか)、エラーの可能性や合成キーに関する警告などの要約が表示されます。ダイアログを閉じた後も、要約は [アウトプット] で確認することができます。

注: 実行に成功した場合、常に [データのロード進捗状況] ダイアログが自動的に閉じるよう設定するには、[終了後、閉じる] を選択します。