不連続データと間隔の一致

intervalmatch プレフィックスを LOAD または SELECT ステートメントで使用すると、不連続の数値が 1 つ以上の数値間隔にリンクされます。これはとても強力な機能であり、次の例のような実稼働環境などで使用できます。

Intervalmatch の例

次の 2 つのテーブルを見てください。最初のテーブルは、さまざまな注文 (Order) の製造の開始時刻 (Start) と終了時刻 (End) を示しています。2 つ目のテーブルには個々のイベントが含まれています。どの注文がイベントの影響を受けたか、どの注文がどのシフトで処理されたかを知るには、どのように離散したイベントを注文に関連付ければよいでしょうか。

テーブル OrderLog
開始 End 順序
01:00 03:35 A
02:30 07:58 B
03:04 10:27 C
07:23 11:43 D
テーブル EventLog
Time Event (イベント) コメント
00:00 0 シフト 1 の開始
01:18 1 ラインの停止
02:23 2 ラインの 50% の再開
04:15 3 ライン速度 100%
08:00 4 シフト 2 の開始
11:43 5 稼働の終了

まず、通常どおりに 2 つのテーブルをロードします。次に、Time 項目を Start 項目と End 項目で定義される間隔にリンクします。

SELECT * from OrderLog;

SELECT * from EventLog;

Intervalmatch (Time) SELECT Start,End from OrderLog;

これで、以下のように Qlik Sense でテーブルを作成できます。

[開始] と [終了] で定義された間隔にリンクされた [時刻] 項目を含むテーブル
Time Event (イベント) コメント 順序 開始 End
0:00 0 シフト 1 の開始 - - -
1:18 1 ラインの停止 A 1:00 3:35
2:23 2 ラインの 50% の再開 A 1:00 3:35
4:15 3 ライン速度 100% B 2:30 7:58
4:15 3 ライン速度 100% C 3:04 10:....
8:00 4 シフト 2 の開始 C 3:04 10:....
8:00 4 シフト 2 の開始 D 7:23 11:....
11:43 5 稼働の終了 E 7:23 11:.....

主に注文 A がライン ストップ (Line stop) の影響を受けた一方で、ライン スピード (Line speed) の減少は注文 BC にも影響を及ぼしたことが分かります。注文 CD だけは、一部が Shift 2 で処理されています。

intervalmatch を使用する場合は、次の点に注意してください。

  • intervalmatch ステートメントの前に、不連続データ ポイントを含む項目 (上の例では Time) が Qlik Sense に読み取られている必要があります。intervalmatch ステートメントは、データベース テーブルからこの項目を読み取りません。
  • intervalmatch LOAD または SELECT ステートメントで読み取られたテーブルは、厳密に 2 つの項目 (上記の例では、StartEnd) を含んでいる必要があります。他の項目へのリンクを確立するには、間隔項目と共に、個別の LOAD または SELECT ステートメント (上記の例では最初の SELECT ステートメント) で他の項目を読み取る必要があります。
  • 間隔は常に閉じています。つまり、終端は間隔に含まれます。NULL の範囲は間隔を無限に拡張しますが (無制限)、数値以外の範囲は間隔を無視します (未定義)。
  • 間隔は重なる場合があり、不連続値は一致する間隔すべてにリンクされます。

拡張された intervalmatch 構文を使用した、穏やかに変化する軸 (SCD) 問題の解決

拡張された intervalmatch 構文を使用して、ソース データ内で軸の変化が遅いという周知の問題に対処することができます。

サンプル スクリプト:

SET NullInterpret='';

 

IntervalTable:

LOAD Key, ValidFrom, Team

FROM 'lib://dataqv/intervalmatch.xlsx' (ooxml, embedded labels, table is IntervalTable);

 

Key:

LOAD

Key,

ValidFrom as FirstDate,

date(if(Key=previous(Key),

previous(ValidFrom) - 1)) as LastDate,

Team

RESIDENT IntervalTable order by Key, ValidFrom desc;

 

drop table IntervalTable;

 

Transact:

LOAD Key, Name, Date, Sales

FROM 'lib://dataqv/intervalmatch.xlsx' (ooxml, embedded labels, table is Transact);

 

INNER JOIN intervalmatch (Date,Key) LOAD FirstDate, LastDate, Key RESIDENT Key;

欠損値は NULL 値ではなく空の文字列として定義されるため、nullinterpret ステートメントはテーブル ファイルからデータを読み取る場合にのみ必要となります。

IntervalTable からデータをロードすると、次のテーブルが生成されます。

Table with data loaded from IntervalTable
Key FirstDate Team
000110 2011-01-21 Southwest
000110 - Northwest
000120 - Northwest
000120 2013-03-05 Southwest
000120 2013-03-05 Northwest
000120 2013-03-05 Southwest

nullasvalue ステートメントでは、リストされている項目に NULL 値をマップできます。

previous および order by を使用して、KeyFirstDateLastDate (属性項目) を作成します。その後、このキー テーブルで置き換えられた IntervalTable がドロップされます。

Transact からデータをロードすると、次のテーブルが生成されます。

Transact からロードされたデータを含むテーブル
キー 名前 日付 売上
000110 Spengler Aaron 2009-08-18 100
000110 Spengler Aaron 2009-12-25 200
000110 Spengler Aaron 2011-02-03 300
000110 Spengler Aaron 2011-05-05 400
000120 Ballard John 2011-06-04 500
000120 Ballard John 2013-01-20 600
000120 Ballard John 2013-03-10 700
000120 Ballard John 2013-03-13 800
000120 Ballard John 2013-09-21 900

inner join に続く intervalmatch ステートメントは、Transact に接続する合成キーで上記のキーを置き換えます。その結果、次のテーブルが生成されます。

inner join に続く intervalmatch ステートメントを含むテーブル
キー チーム 名前 FirstDate LastDate 日付 売上
000110 Northwest Spengler Aaron - 2011-01-20 2009-08-18 100
000110 Northwest Spengler Aaron - 2011-01-20 2009-12-25 200
000110 Southwest Spengler Aaron 2011-01-21   2011-02-03 300
000110 Southwest Spengler Aaron 2011-01-21   2011-05-05 400
000120 Northwest Ballard John   2013-01-05 2011-06-04 500
000120 Southwest Ballard John 2013-01-06 2013-03-04 2013-01-20 600
000120 Southwest Ballard John 2013-03-05   2013-03-10 700
000120 Southwest Ballard John 2013-03-05   2013-03-13 800
000120 Southwest Ballard John 2013-03-05   2013-09-21 900