データ ソースへの接続

Qlik Sense により、データが保管されている場所を問わず、さまざまな Qlik コネクターやその他のデータ接続タイプを使用してデータに接続することができます。データ接続を作成する場合、データ接続は Qlik Sense に保存されます。そのため、よく使用するデータ ソースのデータをすばやく選択したり、ロードしたりできます。データベース、ソーシャル メディア データ、ローカル ファイル、リモート ファイル、Web ファイルに接続できます。

接続の作成

データ ソースからデータを選択するため、新しいデータ接続を作成するか、または保存したデータ接続を使用できます。以下より、データ接続を作成したり、保存したデータ接続にアクセスしたりできます。

  • データ マネージャーの [データの追加]。

    新しいデータをアプリに即座に追加して、関連付けを簡単に作成できます。

    詳細については、「アプリへのデータの追加」を参照してください。

  • データ ロード エディターの [データ接続]。

    新規または既存のデータ接続からデータを選択するか、またはスクリプト エディターを使用してデータ接続からデータをロードします。既存のデータ接続を編集することもできます。

    詳細については、「データ ロード エディタでのデータ ソースへの接続」を参照してください。

注: ここには、自分が所有するデータ接続か、読み取りまたは更新のアクセス権を付与された接続だけが表示されます。 アクセス権を取得する必要がある場合は、Qlik Sense システム管理者に問い合わせてください。

データ接続の種類

Qlik Sense により、データが存在する場所に関係なく、データにアクセスすることができます。Qlik Sense では、以下の種類のデータ接続を利用できます。qlik.com ダウンロード サイトからコネクターをダウンロードして、Qlik Sense とともに使用することができます。

これらのデータ ソースにアクセスするコネクターの多くは Qlik Sense に組み込まれており、他にもコネクターを追加することができます。各タイプのデータ接続には、構成が必要な特別の設定があります。

添付ファイル

ドラッグ アンド ドロップにより、アプリに直接データ ファイルを添付します。

詳細については、「データ ファイルの添付とデータのアプリへの追加」を参照してください。

Qlik DataMarket

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

ビジネス、経済、社会のデータだけでなく、現在と過去の気象データや人口統計データ、為替レートも選択できます。

Qlik DataMarket からのデータの追加については、「Qlik DataMarket からのデータの追加」を参照してください。

データベース コネクター

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

設定済みの ODBC データベース コネクターを使用し、ODBC データ ソースに接続します。

  • Amazon Redshift
  • Apache Drill (Beta)
  • Apache Hive
  • Apache Phoenix (Beta)
  • Apache Spark (Beta)
  • Azure SQL
  • Cloudera Impala
  • Google BigQuery
  • IBM DB2
  • Microsoft SQL Server
  • MongoDB (Beta)
  • MySQL Enterprise
  • Oracle
  • PostgreSQL
  • Presto
  • Sybase ASE
  • Teradata

詳しくは「データベース (英語のみ)」を参照してください。

Essbase

Essbase データセットに接続します。

Essbase の詳細については、「Essbase コネクター (英語のみ)」を参照してください。

ローカル ファイルまたはネットワーク ファイル

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

ローカル ファイルまたはネットワーク ファイルに接続し、データを選択、ロードします。

ローカル ファイルおよびネットワーク ファイルの詳細については、「 ローカルおよびネットワークのファイル フォルダーからのファイルのロード」を参照してください。

DSN 経由の ODBC 接続

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

データベース管理システム (DBMS) に接続します (ODBC 使用)。問題の DBMSODBC ドライバーをインストールし、データ ソース DSN を作成する。

詳細については、「ODBC」を参照してください。

Qlik Associative Big Data Index

Qlik Associative Big Data Index (QABDI) セレクターにより、QABDI によってインデックス付けされているビッグ データ ソースにアクセスできます。

詳しくは、「Use the indexed data in an app (英語のみ)」(アプリでのインデックス付きデータの使用) を参照してください。

REST

REST データ ソースに接続します。REST コネクターは REST データ ソース専用ではなく、REST API 経由で公開された任意のデータ ソースへの接続に使用できます。

Qlik REST Connector の詳細については、「REST (英語のみ)」を参照してください。

Salesforce

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

Salesforce.com アカウントに接続します。

詳しくは「Salesforce コネクタ (英語のみ)」を参照してください。

SAP

注:

Qlik Sense Enterprise のみ。

SAP NetWeaver からデータをロードします。

詳しくは「SAP NetWeaver で使用する Qlik コネクタ (英語のみ)」を参照してください。

Web ファイル

注:

Qlik Sense Enterprise only

Web URL 上の Web ベース データ ソースに接続します。

詳細については、「 ローカルおよびネットワークのファイル フォルダーからのファイルのロード」を参照してください。

Web ストレージ プロバイダ コネクタ

注:

Qlik Sense Enterprise only

Web ストレージ プロバイダから、ファイル ベースのデータに接続することができます。

  • ドロップボックス

Web ストレージの詳細については、「Qlik Web ストレージ プロバイダ コネクタ (英語のみ)」を参照してください。

サードパーティ コネクタ

サードパーティ コネクターを使用して、Qlik Sense が直接サポートしていないデータ ソースに接続できます。サードパーティ コネクターには、QVX SDK を使用して開発されたもの、またはサードパーティ開発者製のものがあります。Qlik Sense の標準インストールにサードパーティ コネクターは含まれていません。

データ接続の保存場所

接続は、Qlik Sense Repository Service によってリポジトリ データベースに保存されます。Qlik Sense サーバー展開では、Qlik Management Console を使用してデータ接続を管理します。Qlik Management Console では、データ接続の削除やアクセス権の設定、その他のシステム管理タスクを実行できます。

Qlik Sense Desktop では、接続はすべて、暗号化なしでアプリに保存されます。

警告: Qlik Sense Desktop 接続には、接続の作成時に入力したユーザー名、パスワードおよびファイル パスに関する詳細が保存されているため、アプリを別のユーザーと共有するときに、これらの格納済みの詳細をテキスト形式で使用できます。共有を目的にしたアプリを設計する場合には、この点について考慮してください。

制限事項

データ接続 'DM' に名前を付けることはできません。この名前は、組み込み Qlik DataMarket コネクタによって予約済みです。