アプリへのデータの追加

アプリにデータをすばやく追加できます。データ マネージャー を開いて、ú をクリックします。¨ メニューで [データの追加] をクリックすることもできます。 新しいアプリを作成する場合には、データを追加するよう要求するプロンプトも表示されます。 シートを編集する場合には、[項目] パネルで [追加] をクリックしてデータを追加することもできます。

注: 使用できるデータの追加オプションとデータ ソースは、使用する Qlik Sense プラットフォームと構成によって決まります。
Qlik Sense Enterprise on Windows でのデータ ビューの追加

アプリ内

添付ファイル。プラットフォーム:Qlik Sense Enterprise on Windows, Qlik Sense Cloud Business。アプリに添付されたファイルを表示する場合にクリックします。それらのファイルからデータをロードできます。

手動入力。プラットフォーム: すべて。アプリ内テーブルを作成し、データ マネージャーに追加する場合にクリックします。

ファイルの場所

データ ファイル。プラットフォーム:Qlik Cloud Services, Kubernetes, Qlik Sense Cloud Business

共有データ ファイル。プラットフォーム:Qlik Sense Enterprise on Windows。このフォルダーは、管理者が共有ファイルを格納するネットワーク フォルダーを定義している場合に表示されます。

マイ コンピューター。プラットフォーム: Qlik Sense Desktop

データ ファイルをアップロードする場合、またはすでにアップロードされているファイルのデータを追加する場合にクリックします。

データ接続

プラットフォーム: すべて。

外部のデータ ソースに対して作成された接続を表示します。この接続は、作成された後に [新しいデータ ソースへの接続] に表示されます。

接続をクリックして、アプリにデータを追加します。

[データ コンテンツ]

Qlik DataMarket。プラットフォーム:Qlik Sense Enterprise on Windows, Qlik Sense Cloud Business, Qlik Sense Desktop

サブスクリプションに応じて使用可能になる Qlik DataMarket のソース。

アプリにデータを追加する場合にクリックします。

ファイルをこのアプリに添付

クリックしてアプリにファイルを添付します。

新しいデータ ソースへの接続

クリックして新しいデータ ソースへの接続を作成します。

データの追加

アプリにデータを追加する場合にクリックし、このボタンは、接続を作成し、ロードするデータを選択した後に有効になります。クリックして、アプリにデータを追加します。 プロファイリングは有効でも無効でもデータを追加できます。データ プロファイリングは推奨されており、デフォルトで有効です。¥ をクリックしてデータ プロファイリングを無効にします。

使用可能なデータ ソースとは

使用可能なデータ ソースの種類は、多くの要因によって異なってきます。

  • アクセス設定

    管理者設定によって、接続できるデータ ソースの種類が決まります。

  • インストールされているコネクタ

    Qlik Sense には、多くのデータ·ソース用のビルトイン サポートが含まれています。組み込みコネクタは、Qlik Senseによって自動的にインストールされます。追加のデータ ソースに接続するには、それらのデータ ソースを特に対象としたコネクタを別々にインストールしなければならない場合があります。それらの別々にインストールされるコネクタは、Qlikまたはサード パーティによって提供されます。

  • ローカル ファイルの可用性

    Qlik Sense Desktop では、デスクトップ コンピュータ上のローカル ファイルのみを使用できます。Qlik Sense のサーバー環境では使用できません。

    ヒント: Qlik Senseのサーバー インストール環境にロードするローカル ファイルがある場合は、そのファイルをアプリに添付するか、またはQlik Senseサーバーで使用可能なフォルダ (既にフォルダ データ接続として定義されているフォルダを推奨) にファイルを転送する必要があります。