アップロード済みのデータ ファイルからのデータの追加

アプリで作成するビジュアライゼーションでファイルのデータを使用可能にするには、次の手順を実行する必要があります。

  • データ ファイルをクラウドにアップロードします。各データ ファイルは 500 MB 未満にする必要があります。
  • アプリにデータを追加します。これは、ロードするデータを選択および準備するための前段階のステップです。
  • データをアプリにロードします。データの選択と準備が完了している場合は、データをアプリにロードできます。データをロードしたら、アプリでそのデータを使用してビジュアライゼーションを作成します。
注: この機能は Windows では使用できません。

データ ファイルをアップロード

データ ファイルは、MyDataFiles ウィンドウからクラウドにアップロードできます。このウィンドウはさまざまな方法で開くことができます。

  • 新規アプリを作成するときには、データを追加するオプションを選択できます。[ファイルおよびその他のソースからデータを追加] をクリックします。次に、左側のメニューで [データ ファイル] をクリックします。[MyDataFiles] をクリックし、それからデータ ファイルをアップロードします。
  • 既存のアプリで作業している場合は、[データ] タブをクリックして、[データの追加] をクリックします。次に、左側のメニューで [データ ファイル] をクリックします。[MyDataFiles] をクリックし、それからデータ ファイルをアップロードします。
  • データ ロード エディターへのアクセス権を持っている場合は、[MyDataFiles] の下の右側のメニューで [データの選択] をクリックして、ファイルをアップロードします。

クラウドにファイルをアップロードしたら、データをアプリに追加し、それからデータをアプリ内にロードすることができます。

アプリへのデータのロード

警告:

[データ ロード エディター] で、同じ名前および同じ列でスクリプト化されたテーブルとして既に追加済みのテーブルは、[データ マネージャー] に追加しないでください。

次の手順を実行します。

  1. アプリを開きます。
  2. データ マネージャー を開いて、ú をクリックします。¨ メニューで [データの追加] をクリックすることもできます。 データを追加すると、データをアプリ内にロードする前に、データを選択して準備することができます。
  3. [データ ファイル] をクリックします。
  4. データが格納されているファイルを選択します。Qlik Sense には、データのプレビューが表示されます。
  5. ロードするテーブルと項目を選択します。

  6. [データの追加] をクリックして、データ マネージャーの [関連付け] ビューでデータを開きます。これにより、データ マネージャーでのデータ ソースの追加、データの変換、テーブルの関連付けを続行できます。

    データ プロファイリングは、[データの追加] をクリックするとデフォルトで有効になります。データ プロファイリングでは次の処理が行われます。

    • データ関連付けを推奨する。
    • テーブル間の共通項目を自動記述する。これにより、テーブル名に基づいて一意のプレフィックスが追加されます。
    • 日付項目と時刻項目を autoCalendar にマッピングする。

    テーブルは共通の項目名で自動的に関連付けられません。テーブルは [関連付け] ビューで関連付けることができます。

    ヒント: データをアプリに直接ロードする場合は、¥ をクリックしてからデータ プロファイリングを無効にします。これによっても、データを追加するときに、すべての既存データがデータ ソースから再ロードされます。テーブルは共通の項目名で自動的に関連付けられます。日付項目と時刻項目は作成されません。
  7. データの準備が完了したら、[データのロード] をクリックします。重大な問題が検出された場合は、[データ マネージャー] で解決してからアプリにデータをロードする必要があります。

更新されたデータ ファイルのアップロード

アプリのデータを更新するには、以前にアップロードしたファイルと同じファイル名で更新されたデータ ファイルをアップロードすることができます。プロンプトが表示されたら、[前のファイルと置き換える] を選択します。データ ファイルをアップロードしたら、データをアプリ内にロードすることができます。