ファイルのデータのフィルタリング

ファイルからデータをロードする際のフィルター条件を作成することができます。これにより、ロードするデータのサブセットを選択できます。データのロード量を軽減する場合や、特定のデータのみ (4 万ドル以上の売上のみなど) を使用する場合に、この機能が役立ちます。

[データの追加] の手順で初めてファイルからデータを追加する場合、[フィルター] をクリックしてフィルター条件を適用できます。

その後は、データ マネージャーでテーブルをクリックし、[このテーブルを編集] をクリックして、条件を変更できます。[ソースからデータを選択] をクリックし、[フィルター] をクリックします。

利用可能なフィルターの条件は以下のとおりです。

  • =
  • >
  • <
  • >=
  • <=

データをフィルタリングする際には以下を考慮します。下記に具体例を示します。

  • フィルター条件は、数値、日付、またはテキストに対して適用できます。
  • ワイルドカード文字はサポートしていません。
  • 条件は、複数適用できます。ただし、同じ項目について条件が競合する場合、データが返されない場合があります。
  • 条件はアルファベット順にテキスト データに適用されます。条件では、大文字と小文字が区別されます。
  • テキスト データに対して 2 文字以上の文字を使用できます。たとえば、>ct>=cu と同様に cup という語を返します。>ccup という語を返します。
  • = 条件を複数使用すると、すべての条件が true と評価されなければ値は返されません。ただし、同じ項目について複数の = 条件を使用すると、true と評価されるすべての値が返されます。
  • < 条件と > 条件を組み合わせると、すべてが true と評価されなければ値は返されません。これらの条件と = を組み合わせると、すべての条件が true と評価されなければなりません。
  • <= 条件と >= 条件を組み合わせると、すべてが true と評価されなければ値は返されませこれらの条件と = を組み合わせると、すべての条件が true と評価されなければなりません。
  • QVD ファイルの日付項目に対するフィルターはサポートされていません。

次の例では、1 つの項目 (テーブル内の 1 列) に含まれる cupfork、および knife という値を使用します。

  • 条件:
    • =cup
    • =fork
    • =knife
    • 戻り値: cupforkknife
    • 等号条件は、true であるすべての値を返します。
  • 条件:
    •  >b
    • <d
    • 戻り値: cup
    • 文字 c は、b より大きく、かつ d より小さくなります。
  • 条件:
    •  <b
    • >d
    • 戻り値: 値なし
    • b より小さく、かつ d より大きい値は存在しません。
  • 条件:
    •  =fork
    • >g
    • 戻り値: 値なし
    • fork と等しく、かつ g より大きい値はありません。

データの追加について詳しくは、