QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

クラウド ハブ

Qlik Sense Enterprise のデプロイメントによっては、Qlik Sense の起動時にクラウド ハブが表示されることがあります。クラウド ハブでは、アプリを作成、共有、インタラクティブに操作できます。

クラウド ハブは次の 3 つのセクションに分割されています。

  • ホーム
  • 参照
  • プロファイル

ホーム

クラウド ハブにログインすると、最初に [ホーム] が表示されます。[ホーム] には、アクセス権を持っている最近追加されたアプリ、お気に入りアプリ、最近追加したコレクションが表示されます。

クラウド ハブの [ホーム] セクション

The Home page of the cloud hub

参照

[参照] には、アクセス権を持っているアプリとスペースが表示されます。アプリとスペースを新規作成することもできます。詳しくは「クラウド ハブでのアプリの作成」を参照してください。既定では、アクセス権を持っているスペースのすべてのアプリが [参照] に表示されます。スペースのドロップダウンから個々のスペースを選択して、そのスペースにあるアプリを表示できます。

アプリは、タイル ビューとリスト ビューのどちらかで表示できます。また、タグ別にアプリをフィルタリングすることも可能です。タグ別にアプリをフィルタリングすると、アクセス権を持っているアプリを少なくとも 1 つ含んでいるタグのみが表示されます。

アプリは、アルファベット順、作成日付順、または変更日付順にソートできます。また、自分が所有するアプリ別と他のユーザーが所有するアプリ別にアプリをフィルタリングすることも可能です。

クラウド ハブの [参照] セクション

The Explore section of the cloud hub

プロファイル

[プロファイル] には、お気に入り、個人的なコレクション、[個人用] スペースと共有スペースの両方でクラウド ハブに追加したアプリを表示することができます。プロファイルには、プロファイル アイコンをクリックしてアクセスできます。[コンテンツ] ではアプリを新規作成できます。[コレクション] ではコレクションを表示および作成できます。詳しくは「クラウド ハブでのアプリの作成」を参照してください。

アプリは、アルファベット順、作成日付順、または変更日付順にソートできます。

プロファイル アイコン メニューが開いた状態のクラウド ハブでのプロファイル

A profile from the cloud hub

アプリ

アプリは、[参照] とプロファイル内の [コンテンツ] の両方でクラウド ハブに追加することができます。アプリの新規作成、既存のアプリの複製、またはアプリのアップロードを行うことができます。クラウド ハブまたは他のバージョンの Qlik Sense からエクスポートしたアプリをアップロードできます。自分のアプリは、プライベートのまま維持するか、他のクラウド ハブ メンバーと共有できます。Qlik Sense アプリの詳細については、「アプリの作成 」を参照してください。

クラウド ハブの各アプリには、アプリの名前、説明、所有者、変更日付が表示されます。アプリはクリックすると開きます。選択間をスクロールし、パンする必要がある場合は、 More次のようなアプリの他のオプションを表示することができます。

  • アプリの詳細の表示

    [詳細] にはアプリ情報の概要が表示されます。表示される内容は、アプリの作成日付、最後の変更日付、最後のロード日付です。また [詳細] には、アプリに適用されるタグと、アプリにアクセスできるユーザーも表示されます。さらに、アプリのロード履歴を [詳細] で表示することもできます。

  • アプリの共有

    アプリは、クラウド ハブの他のメンバー全員と共有できます。共有すると、クラウド ハブの他のメンバーにアプリに対する読み取りアクセス権が付与されます。

    クラウド ハブでのアプリの共有

  • アプリの編集

    アプリ名、説明、タグ、スペースを変更できます。

    クラウド ハブでのアプリの詳細の編集

  • アプリの複製

    アプリのコピーを作成できます。

    クラウド ハブでのアプリの複製

  • アプリのロード

    アプリ データを手動でロードできます。

    アプリ データの手動ロード

  • アプリのロードのスケジュール

    アプリ データのロードを自動化するスケジュールを作成できます。

    アプリ データのロードのスケジュール

  • アプリの削除

    クラウド ハブからアプリを削除できます。

    クラウド ハブでのアプリの削除

スペース

スペースは、クラウド ハブ内にある、アプリを保管するための領域です。スペースは、個人または共有にすることができます。

すべてのユーザーには、作成するアプリを保管するための個人スペースが既定で割り当てられています。個人スペースはプライベートですが、個人スペースにあるアプリは他のクラウド ハブ メンバーと共有可能です。個人スペースにあるアプリの共有の詳細については、「クラウド ハブでのアプリの共有」を参照してください。

Professional ライセンスを持っているユーザーは共有スペースを作成できます。共有スペースは、最初に作成された時点ではプライベートです。共有スペースではアプリを共同開発をできます。またスペースでは、スペース内のアプリへのアクセスが制限されます。スペース内のアプリへのアクセス権は、スペースにメンバーを追加することによって付与されます。

自分がアクセス権を持っているスペースは、[参照] のドロップダウンから選択できます。また、スペース ドロップダウンからスペースを新規作成することもできます。

詳しくは「共有スペースで作業する」を参照してください。

クラウド ハブでのアプリの整理

アプリは、タグ、プライベート コレクション、お気に入りを使用して整理できます。

アプリにタグを追加することにより、関連するアプリをグループ化することができます。アプリには、アプリの作成時に、またはアプリを編集することによってタグ付け可能です。タグ付けできるのは、所有するアプリか、または編集権限を持っているスペース内のアプリのみです。タグはクラウド ハブ内で共有されますが、表示できるのは、所有するタグと、自分が共有しているアプリに割り当てられているタグのみです。

アプリはプライベート コレクションごとに整理できます。コレクションにより、所有するアプリとクラウド ハブの他のメンバーのアプリの両方をグループ化できます。プライベート コレクションをクラウド ハブの他のメンバーと共有することはありません。アプリをプライベート コレクションに追加するには、アプリのプラス アイコンをクリックします。開いたウィンドウで、アプリをコレクションから削除したり、新しいコレクションを作成したりすることもできます。

アプリをお気に入りに登録することもできます。アプリをお気に入りに登録するには、アプリの星のアイコンをクリックします。お気に入りを表示するには、自分のプロファイル アイコンをクリックして、[お気に入り] を選択します。