Direct Discovery を使用する際の制限事項

対応しているデータ型

Direct Discovery はすべてのデータ型に対応しているわけではありません。特定のソース データ形式を Qlik Sense で定義する必要があることもあります。"SET Direct...Format" 構文を使用して、ロード スクリプトでデータ形式を定義します。以下の例は、Direct Discovery のソースとして使用される、ソース データベースの日付書式の定義方法を示しています。

Example:  

SET DirectDateFormat='YYYY-MM-DD';

また、生成された SQL ステートメントで Direct Discovery が通貨の値の形式を制御する方法についての、次の 2 つのスクリプト変数もあります。

SET DirectMoneyFormat (default '#.0000')
SET DirectMoneyDecimalSep (default '.')

この 2 つの変数の構文は、MoneyFormat および MoneyDecimalSep の構文と同じですが、使用する際には次の 2 つの重要な違いがあります。

  • これは表示形式ではないので、通貨記号や桁区切りは含まれません。
  • 既定値はロケールによって引き出されるのではなく、値に組み込まれています。(ロケール固有の書式設定には通貨記号が含まれています。)

Direct Discovery では、SQL Server などの一部のデータベースで必要とされる、拡張された文字列リテラル (N'<extended string>') に対して SQL 標準形式を使用することで、拡張 Unicode データを選択することができます。この構文は、スクリプト変数 DirectUnicodeStrings を用いることで Direct Discovery での使用が可能になります。この変数を "true" に設定すると、文字列リテラルの前で "N" を使用できるようになります。

セキュリティ

セキュリティにおけるベスト プラクティスに影響を与える可能性のある次の動作を、Direct Discovery を使用する際に考慮に入れる必要があります。

  • Direct Discovery 機能を伴う同一のアプリを使用するすべてのユーザーは、同じ接続を使用します。パススルー認証やユーザーごとの資格認証には対応していません。
  • セクション アクセスはサーバー モードでのみサポートされています。
  • セクション アクセスは、高基数の結合には対応していません。
  • NATIVE キーワードの数式で、データベースのカスタム SQL ステートメントを実行できます。そのため、ロード スクリプトで設定されているデータベース接続は、データベース読み取り専用のアクセス権を持つアカウントを使用する必要があります。
  • Direct Discovery にはログ機能はありませんが、ODBC のトレース機能を使用できます。
  • データベースにクライアントの要求が殺到することがあり、
  • その場合、サーバー ログ ファイルから詳細なエラー メッセージが発行される可能性があります。

サポート対象外の Qlik Sense 機能

Direct Discovery の双方向的な SQL 構文特有の性質により、一部の機能には対応していません。

  • 高度な計算 (Set 分析、複雑な数式)
  • 計算軸
  • Direct Discovery 項目を使用するオブジェクトの比較分析 (並列ステート)
  • Direct Discovery MEASURE および DETAIL 項目は、スマート検索には対応していません
  • Direct Discovery  DETAIL 項目の検索
  • Direct Discovery テーブルにアクセスしているアプリケーションからのバイナリ ロード
  • Direct Discovery テーブルの合成キー
  • スクリプトにおけるテーブルの名前付けは、Direct Discovery テーブルには適用されません。
  • ロード スクリプトで DIRECT QUERY キーワードの後にあるワイルドカード記号 (*)

    Example: (DIRECT QUERY *)

  • LONG データ タイプ列のある Oracle データベース テーブル。
  • 科学的記数法における、 [-9007199254740990, 9007199254740991] の範囲外の大きな整数。このような整数は、丸めエラーや定義されていない動作を引き起こす可能性があります。
  • Snowflake データベース スキーマ
  • データ マネージャーでのデータの準備
  • Qlik Cloud には対応していません。
  • Qlik Sense Enterprise on Kubernetes
  • Microsoft Excel へのエクスポート
  • オフライン モバイル iOS アプリには対応していません。
  • Advanced Analytics Integration には対応していません。
  • 拡張機能およびウィジェットには対応していません。
  • Qlik GeoAnalytics には対応していません。
  • マスター軸およびマスター メジャーへの色の割り当てには対応していません。
  • Qlik Sense June 2017 に含まれている以下の新しいビジュアライゼーションには対応していません。
    • ボックス プロット
    • 分布プロット
    • ヒストグラム
  • SQL 以外のソースおよび SQL 以外のステートメント (例: SAP HANA の PLACEHOLDER 関数)
  • 以下のコネクタには対応していません。
    • Qlik Salesforce コネクタ
    • Qlik REST コネクタ
    • Qlik DataMarket コネクタ
    • Qlik Web コネクタ
    • SAP NetWeaver で使用する Qlik コネクタ
  • Direct Discovery クエリで生成された SQL の最適化
  • インメモリ テーブルとの高基数の結合によって、データ ソースの SQL バッファ制限を超える大きな IN 節が生成される可能性があります。