データ モデルの表示

データ モデル ビューアーでは、アプリのデータ構造の概要を確認できます。テーブルや項目に含まれるデータのプレビューをデータ モデル ビューアーに表示できます。 軸とメジャーを瞬時に作成することも可能です。

データ モードでは、アプリのデータ構造の概要が表示されます。

Data model viewer.

データ モデル ビューアでは、各データ テーブルはボックスとして表示され、各ボックスにはテーブル名とすべての項目が含まれています。テーブル間の関係は線で示されます (点線は循環参照を表しています)。テーブルまたは項目を選択すると関係がハイライトされるため、項目とテーブルの関連を一目で把握できます。

ズーム レベルは、YまたはZをクリックするか、スライダーを使って変更できます。ü をクリックして、ズーム レベルを 1:1 に復元します。

ツールバー

データ モデル ビューアの画面上部にあるツールバーには、次のツールがあります。

ツールバーのオプション
UI 項目 説明

ナビゲーション オプションを含むグローバル メニュー、およびアプリで実行可能なアクション。

タブ画面のブラウジングとグローバル メニューの詳細については、「タブを使用したナビゲーション」を参照してください。

データ

タブをクリックしてデータ タスクを実行します。たとえば、データ マネージャーデータ ロード エディターにデータをロードしたり、データ モデル ビューアーでデータ モデルを表示したりすることができます。

ーユーザーがアプリの所有者でない限り、公開されたアプリに [データ] タブは表示されません。その場合は、データ モデル ビューアーを開くことだけが可能です。

分析

タブをクリックして分析タスクを実行します。たとえば、テーブルとチャートを作成または操作できます。

ストーリー

タブをクリックしてアプリでストーリーを構築します。

保存 変更を保存します。

アプリ情報を表示または非表示にします。ここで、アプリ情報を編集したり、アプリ オプションを開いてアプリのスタイルを指定したりすることができます。
t テーブルをすべて折りたたみ、テーブル名のみを表示。
å すべてのテーブル サイズを縮小し、テーブル名と他のテーブルに関連付けられた全項目を表示。
s すべてのテーブルを展開し、すべての項目を表示。
+ 内部テーブル ビュー - 合成項目を含む Qlik Sense のデータ モデル。
7 ソース テーブル ビュー - ソース データ テーブルのデータ モデル。
ì

レイアウト メニューには以下のオプションがあります。

[ì グリッド レイアウト]

[ó 自動レイアウト]

[õ レイアウトの復元]

j プレビュー パネルを開く/閉じる。

詳細については、「データ モデル ビューアでのテーブルおよび項目のプレビュー」を参照してください。