Round - スクリプトおよびチャート関数

Round() は、offset によりシフトされた step の最も近い倍数で切り上げた/切り下げた結果を返します。

値が区間の中心に位置する場合は、切り上げられます。

Syntax:  

Round(x[, step[, offset]])

Return data type: 数値

注: 浮動小数点数を切り上げたり、切り下げるとエラーが生じる場合があります。こうしたエラーは、浮動小数点数が 2 進の有限数で表されることにより生じます。よって、すでに切り上げや切り下げが行われている数を使用して計算されます。作業に支障が生じる場合は、切り下げや切り上げを行う前に数値を乗算し、整数に変換します。

Arguments:  

引数 説明
x 数値を入力します。
step 間隔は増分です。デフォルト値は 1 です。
offset

ステップ間隔の基準を定義します。デフォルト値は 0 です。

Examples and results:  

結果

Round(3.8 )

4 を返します

この例では、ステップの大きさは 1、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は ...0 <= x <1, 1 <= x < 2, 2<= x <3, 3<= x <4... です

Round(3.8,4 )

4 を返します

Round(2.5 )

3 を返します。2.5 はデフォルトのステップ間隔のちょうど中間のため、切り上げとなります。

Round(2,4 )

4 を返します。2 はデフォルトのステップ間隔 4 のちょうど中間のため、切り上げとなります。

この例では、ステップの大きさは 4、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は次の通りとなります: ...0 <= x <4, 4 <= x <8, 8<= x <12...

Round(2,6 )

0 を返します。2 はステップ間隔 6 の中間よりも小さいため、切り捨てとなります。

この例では、ステップの大きさは 6、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は次の通りとなります: ...0 <= x <6, 6 <= x <12, 12<= x <18...

Round(3.88 ,0.1)

3.9 を返します

この例では、ステップの大きさは 0.1、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は ... 3.7 <= x <3.8, 3.8 <= x <3.9, 3.9 <= x < 4.0... です

Round(3.88 ,5)

5 を返します

Round(1.1 ,1,0.5)

1.5 を返します

この例では、ステップの大きさは 1、ステップ間隔の基準は 0.5 となっています。

間隔は ...0.5 <= x <1.5, 1.5 <= x <2.5, 2.5<= x <3.5... です