HSL - スクリプトおよびチャート関数

HSL()は、チャート オブジェクトのカラー プロパティを設定、または評価する数式で使用されます。色は、huesaturationluminosityの 0~1 の値で定義されます。

Syntax:  

HSL (hue, saturation, luminosity)

Return data type: dual

Arguments:  

引数 説明
hue, saturation, luminosity hue および saturationluminosity コンポーネントの値は、0 から 1 の範囲です。
Note: すべての引数は、0 から 1 の範囲の整数で分解できる数式でなければなりません。

数値コンポーネントと書式が 16 進法で解釈されている場合、色成分のRGB 値はより分かりやすくなります。たとえば、薄緑色の数値は 4 278 255 360 となり、16 進法では FF00FF00 および RGB (0,255,0) となります。これは、HSL (80/240, 240/240, 120/240) と同等で、(0.33, 1, 0.5)HSL 値です。

ビジュアライゼーションでカラー関数を使用する方法の例や、数式による色分けをサポートしているビジュアライゼーションの詳細は、「ビジュアライゼーションを色分けする」を参照してください。

ビジュアライゼーションを色分けする