メイン コンテンツをスキップする

チュートリアル - チャートの数式

このチュートリアルでは、Qlik Sense 内のチャートの数式を紹介します。数式は、関数、項目、数学演算子の組み合わせであり、データを処理して、視覚化で確認できる結果を生成するために使用されます。

チャートの数式は、多くの場合メジャーで使用します。タイトルやサブタイトル、脚注、さらには軸などの数式を使用することで、より動的で効果的なビジュアライゼーションを作成することもできます。

学習内容

チュートリアルを完了した後は、ビジュアライゼーションで問題なく数式を使用できるようになるでしょう。

このチュートリアルを完了する必要がある対象者

Qlik Sense の基本を習得している必要があります。例えば、さまざまなシートへのデータのロード、アプリの作成、ビジュアライゼーションの作成などを経験している必要があります。

データ ロード エディターへのアクセス権があり、Qlik Sense Enterprise on Kubernetes におけるデータのロードが許可されている必要があります。

始める前に必要な準備

このパッケージをダウンロードして、コンピューター上に解凍します。

チャートの数式アプリ

QVF ファイルには、次のデータ ファイルが含まれています。

  • Cities.xlsx
  • Customers.xlsx
  • Item master.xlsx
  • Sales rep.xlsx
  • Sales.xlsx

QVF ファイルをアップロードして、使用可能なアプリを開きます。

このチュートリアルでのレッスン

このチュートリアル内のトピックは、任意の順序で完了できます。ただし、後半のトピックは、その前のトピックに精通していることを前提としています。スクリーンショットは、Qlik Sense Enterprise SaaS で撮影したものです。別の展開で Qlik Sense Enterprise を使用している場合は、視覚的に多少の相違が生じることがあります。

追加の資料とリソース

お客様のご意見は重要です

フィードバックをお待ちしています。以下のセクションを使用して、弊社へのフィードバックをお知らせください。