メイン コンテンツをスキップする

スペース内でのデータ ソースの管理

共有スペースと個人スペースにデータ ファイルとデータ接続を直接追加できます。これにより、他のスペース メンバーが使用するアプリの外部にデータ ソースを追加できます。

個人スペースまたは共有スペースで使用できるすべてのデータ ソースは、データで表示できます。所有者管理者編集者の権限を持つ共有スペース メンバーは、データ ファイルと共有スペースへのデータ接続を編集できます。

スペースへのデータ ファイルの追加

データ リソースとしてデータ ファイルをスペースに追加できます。一度に複数のファイルを追加できます。

データ ファイルは 500 MB 未満にする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. 個人スペースまたは共有スペースで、 [データ ソース]をクリックして選択します。
  2. [データ ファイルの追加] をクリックします。
  3. データ ファイルを [データ ファイルの追加] ダイアログにドラッグ アンド ドロップします。

    または、[参照] をクリックして、データファイルに移動します。

  4. [アップロード] をクリックします。

スペースへのデータ リソースとしての接続の追加

接続はスペースに直接追加できます。次の接続は、スペースに直接追加することはできず、アプリに追加する必要があります。

  • Amazon S3
  • Azure Storage
  • ドロップボックス
  • Google Drive
  • NFS

サポートされている接続については、次を参照してください。データ ソースへの接続.

次の手順を実行します。

  1. In a personal or shared space, click [データ ソース]をクリックして選択します。
  2. [データ接続の追加] をクリックします。
  3. データ接続を選択します。

    選択したデータ ソースの種類に応じた設定ダイアログが開きます。

  4. データ ソースの接続設定を入力します。
  5. 必要に応じて、[テスト接続] をクリックして設定を確認します。
  6. [作成] をクリックします。

データ リソースの編集

スペース内のデータ接続を編集できます。

次の手順を実行します。

  1. [アクション] 列の編集するデータ接続の行で、クリックして More[編集] を選択します。

    このデータ接続の種類に応じた設定ダイアログが開きます。

  2. データ ソースの接続設定を編集します。
  3. [保存] をクリックします。

データ ソースの削除

スペースからデータ ソースを削除できます。

  1. [アクション] 列の削除するデータ ソースの行で、クリックして More[削除] を選択します。

  2. [削除] をクリックします。