メイン コンテンツをスキップする

3 番目のシート: Customer Details

このシートでは顧客に注目します。

軸、メジャー、ビジュアライゼーション作成の演習は充分に経験しているはずですので、詳細な手順は省きます。唯一の例外は、プロパティ パネルで変更を行う場合です。これまで学習した内容を振り返る必要がある場合は、以前のトピックに戻って参照できます。

編集中の Customer Details シート
Customer Details sheet when editing

フィルター パネルの追加

次の手順を実行します。

  1. フィルター パネル Period を追加します。
  2. Manager 軸を持つ新しいフィルター パネルを追加します。

散布図の追加

散布図は、Customer 軸および SalesQuantity のメジャーを使用します。まず、Quantity メジャーを作成して、マスター アイテムとして保存する必要があります。項目 Sales Qty と集計関数 Sum を使用します。項目 Sales Qty は 2 つの単語で構成されているため、数式内では [Sales Qty] のように角括弧で囲む必要があります。数式は次のようになります。 Sum ([Sales Qty])

プロパティ パネルの [スタイル] で、Y 軸と X 軸の [範囲] を設定し、負の値を含まないようにします。

これで 2 つのメジャーが散布図に追加されたはずです。散布図を使用すると、2~3 つのメジャーの関係を可視化できます。この例では、SalesQuantity のメジャーを比較しています。各バブルは Customer 軸値を表しています。ビジュアライゼーションには Customer Sales and Quantity という名前が付けられています。

Customer KPIs テーブルの追加

Customer KPIsというテーブルでは、Customerという軸を使用しています。

プロパティ パネルの [データ] から、テーブルに列を追加します。マスター アイテムとして使用できるSalesQuantityMargin Percentというメジャーを使用します。これをスクリーン ショットと同じ順番で追加します。

最後の 2 列用に、残りのメジャーを作成する必要があります。

  • メジャー # of Invoices には、次の数式を使用します。

    Count (Distinct [Invoice Number])

  • メジャー Average Sales per Invoice には、次の数式を使用します。

    Sum(Sales)/Count(Distinct [Invoice Number])

ヒント:

2 つの数式では、Distinct 修飾子を使用します。Distinct を使用することにより、請求書番号がデータ ソースで複数回出てくる場合でも 1 度だけカウントされるようにします。Distinct は一意の番号をソートします。Distinct と項目名の間にはスペースが挿入されている点に留意してください。

数値書式の調整

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルで [データ] をクリックします。

  2. Sales をクリックして、[数値書式] を [通貨] に設定します。

  3. メジャーをクリックして閉じます。
  4. Quantityをクリックして、[数値書式] を [数値] ([1,000]) に設定します。

  5. メジャーをクリックして閉じます。
  6. Margin Percentをクリックして、[数値書式] を [数値] ([12.3%]) に設定します。

  7. メジャーをクリックして閉じます。
  8. Average Sales per Invoice をクリックして、[数値書式] を [通貨] に設定します。

  9. メジャーをクリックして閉じます。

Customer KPIs テーブルのピボット テーブルへの変換

顧客 KPI テーブルをピボット テーブルに変換することにより、軸やメジャーをさらに取り込み、これらを再整理して、より柔軟かつ有用な方法でデータを分析できるようになります。

ピボット テーブルは、軸とメジャーをテーブル内で行と列として表示します。ピボット テーブルでは、複数のメジャーによって同時に複数の軸でデータを分析できます。メジャーと軸を並べ替えて、データのさまざまなビューを取得できます。行と列間で互いにメジャーと軸を移動する作業は「ピボット化」と呼ばれます。

ピボット テーブルの長所の 1 つは、その互換性です。つまり、行アイテムを列に、列アイテムを行に移動する機能です。この柔軟性は非常に強力で、データの並べ替えや同じデータ セットのさまざまなビューの取得が可能になります。焦点を当てる内容に応じて、軸とメジャーを移動し、着目するデータは前面に表示し、詳しすぎるまたは分析に関係のないデータは非表示にします。

変換後の Customer Details シート

Customer Details sheet after conversion

テーブルの変換

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで、5 をクリックして [チャート] を開きます。
  2. Customer KPIs テーブルの中央にピボット テーブルをドラッグし、[以下に変換: ピボット テーブル] を選択します。
  3. 右側のプロパティ パネルで [データ] > [データの追加] の順に選択し、[] をクリックします。
  4. リストで Product Group を選択します。
  5. [データの追加] をもう一度選択して、Product Type行を追加します
  6. ビジュアライゼーションに「Customer KPIs」というタイトルを追加します。

  7. ツール バーで [Edit 完了] をクリックします。

これで、製品グループと製品タイプごとに個々の会社の売上を確認できるようになりました。[顧客]、[製品グループ]、または [製品タイプ] をクリックしたり、テーブル内の個別品目を選択することで、テーブルに表示される選択肢をフィルタリングできます。[製品グループ] または [製品タイプ] を [メジャー] に移動してフィルタリングすることで、表示するデータのさまざまなビューを実現できます。