メイン コンテンツをスキップする

2 番目のシート: Product Details

このシートは製品に焦点を当てています。

編集時の Product Details シート
Product Details sheet when editing sheet when editing

フィルター パネルの追加

マスター アイテムとして保存した Period フィルター パネル と Region フィルター パネルを再利用します。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで、をクリックして Linked Object[マスター アイテム] を開きます。

  2. [ビジュアライゼーション] をクリックします。

  3. Periodフィルター パネルをシートにドラッグし、スクリーンショットを参考にサイズを変更します。

  4. 同様に、Region フィルター パネルを Period の下にドラッグしてサイズを変更します。

棒グラフの追加

次に売上の上位を示した棒グラフを作成します。

次の手順を実行します。

  1. 左側にあるアセット パネルのをクリックし、 Sheet[チャート] を開きます。

  2. 棒グラフをシートにドラッグして、Period フィルター パネルの右側に配置します。

  3. [軸を追加] をクリックし、Product Group 項目を選択します。

  4. [メジャーを追加] をクリックし、[メジャー] リストから [Sales] を選択します。

  5. 左側にあるアセット パネルのをクリックし、 Linked Object[マスター アイテム] を開きます。

  6. [メジャー] を選択します。
  7. メジャー Margin を棒グラフにドラッグし、上にある [追加] を選択します。
  8. プロパティ パネルで、[スタイル] > [プレゼンテーション] の順にクリックし、[値ラベル] で [自動] を選択します。

  9. スクリーンショットを参考に、棒グラフのサイズを変更します。

  10. 次の文字列をコピーして、棒グラフのタイトルに貼り付けます。

    ='Total Sales: $'& Round(Sum(Sales)/1000000, 0.1) & 'M'

これで棒グラフの完成です。デフォルトで、2 つ目のメジャーを棒グラフに追加すると、メジャーはグループ化されます。

ツリーマップ チャートの追加

ツリーマップは、階層データを表示するために使われます。このツリーマップでは、製品の階層を作成します。

次の手順を実行します。

  1. 左側にあるアセット パネルのをクリックし、 Sheet[チャート] を開きます。
  2. ツリーマップをシートの空白スペースにドラッグします。

  3. [軸を追加] をクリックし、Product Group 項目を選択します。

  4. [メジャーを追加] をクリックし、[メジャー] リストから [Sales] を選択します。

  5. 右側のプロパティ パネルで、[データ] > [] の順に移動し、[追加] をクリックします。

  6. リストで Product Type を選択します。

  7. [データ] > [] の順に移動し [追加] をクリックして、Item Descを選択します。

  8. [スタイル] > [色と凡例] の順に選択し、[] を [自動] から [カスタム] に設定します。

  9. リストから [メジャーごと] を選択します。

  10. スクリーンショットを参考に、ツリーマップのサイズを変更します。

  11. ビジュアライゼーションに Product Treemap というタイトルを追加します。

これでツリーマップとシートが完成しました。次は最後のシートです。右上のをクリックして Nextシート Customer Details に移動します。