メイン コンテンツをスキップする

4 番目のシート: 顧客の場所

このページ上

4 番目のシート: 顧客の場所

このシートは、マップを使用して顧客の場所に焦点を当てています。

データを表示するポイント レイヤーまたはエリア レイヤーを追加してマップを作成できます。レイヤー データのコンテキストを提供するベース マップを選択する必要があります。軸の値にメジャー値や数式を追加することが可能で、ポイントのサイズやメジャーごとの色分けを使用して、メジャーのサイズを反映させることができます。

編集中の Customer Location シート
Customer Location sheet when editing

フィルター パネルの追加

フィルター パネルを追加しましょう。

次の手順を実行します。

  1. [編集] をクリックします。 Editツールバーにあります。
  2. フィルター パネル Region を追加します。
  3. 新しいフィルター パネルを 2 つ追加します。1 つには [City] 軸があり、もう 1 つには [顧客] 軸があります。

マップの追加

Qlik Sense では、ポイント マップおよびエリア マップの 2 種類のマップを作成できます。Qlik Sense では、ポイント レイヤーおよびエリア レイヤーのデータを表示するマップを作成できます。このチュートリアルで使用するマップにはポイント レイヤーが含まれています。ポイント レイヤーは、都市などの関心のある場所をマークするためにポイント座標 (経度と緯度) または場所名を使用して作成されます。

次の手順を実行します。

  1. シートにマップ チャートをドラッグします。
  2. プロパティ パネルで、[ベース マップ] をクリックし、[淡い] を選択します。
  3. アセット パネルで、 [Fields] をクリックし、項目 [City] をマップにドラッグします。
  4. [Add as new layer] (新しいレイヤーとして追加) を選択します。
  5. [Add as point layer] (ポイント レイヤーとして追加) を選択します。
  6. プロパティ パネルの [Layers] (レイヤー) で、[City] ポイント レイヤーをクリックします。
  7. [場所] 項目の後ろの [場所] で、項目 [Longitude_Latitude] を選択します。
  8. アセット パネルで、 Linked Object マスター アイテムをクリックします。
  9. [メジャー] で [売上] を見つけて、マップにドラッグします。
  10. [Use in "City" (Point layer)] ("都市" (ポイント レイヤー) で使用) を選択し、[Size by:  Sales] (サイズ: 売上) を選択します。
  11. プロパティ パネルの [Size & Shape] (サイズと形状) で、[Bubble size range] (バブル サイズ範囲) スライダーを調整します。最小値が小さすぎると、売上高が大きな場所と比較したときに、ある場所の売上を表示するバブルが表示されない場合があります。
  12. [] で、[] を [自動] から [カスタム] に設定します。
  13. リストで [メジャーごと] を選択し、[メジャーの選択] で [売上] を選択します。
  14. ビジュアライゼーションに「Location」というタイトルを追加します。

  15. ツール バーで [Edit 完了] をクリックします。

マップ サイズは、フィルターで行われた選択によって調整されます。たとえば、Nordic を選択するとマップが北ヨーロッパ エリアにズーム インされ、そのエリアの売上場所が表示されます。

マップの特定のエリアは、マウスを使用して表示する周囲の囲みを描画する際に Shift キーを押しながら選択できます。これにより、フィルター パネルでの選択がマップで行う選択に反映されるようになります。

マップ上で特定の場所を選択すると、フィルター パネルのその場所に顧客が表示されます。他のシートで選択した場合も、[顧客の場所] シートに表示されるデータに影響を与えます。

以上でアプリの構築チュートリアルを修了しました。これで Qlik Sense アプリを構築できました!

これでアプリにデータ ストーリーテリングを追加できます。