メイン コンテンツをスキップする

Time#

- スクリプトおよびチャート関数

Time#() は、書式文字列が提供されている場合を除き、データ ロード スクリプトまたはオペレーティング システムの時刻書式設定で、数式を時刻値として評価します。.

Syntax:  

time#(text[, format])

Return data type: dual

Arguments:  

引数
引数 説明
text

評価対象のテキスト文字列。

format

評価されるテキスト文字列の形式を説明する文字列。省略されている場合は、オペレーティング システムで設定された短い日付書式、時間書式、および小数点記号が使用されます。

数値や日付書式の変換

Example:  

  • 時間書式のデフォルト設定 1: hh:mm:ss
  • 時間書式のデフォルト設定 2: hh.mm.ss

time#( A )
A=09:00:00

結果
結果 設定 1 設定 2
文字列:

09:00:00

09:00:00

数値:

0.375

-

Example:  

  • 時間書式のデフォルト設定 1: hh:mm:ss
  • 時間書式のデフォルト設定 2: hh.mm.ss

time#( A, 'hh.mm' )
A=09.00

結果
結果 設定 1 設定 2
文字列:

09.00

09.00

数値:

0.375

0.375