メイン コンテンツをスキップする

データの選択とロード

データ ロード エディターのデータ選択ダイアログを使用すると、Microsoft Excel といったサポートされているファイル形式のファイルからデータを簡単にロードすることができます。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense を開きます。
  2. 新しいアプリを作成します。
  3. アプリに Scripting Tutorial という名前を付け、[作成] をクリックします。
  4. アプリを開きます。
  5. 情報メモ初めてアプリにデータをロードする前に [データの追加] を使用すれば、ファイルからのデータのロードが簡単です。ただし、このチュートリアルではスクリプトを確認できるよう、データ ロード エディタを使用します。
  6. 上部ツール バーのドロップダウン メニューからデータ ロード エディターを開きます。
  7. 左のメニューの [P] をクリックして、Main というセクションの下に新しいスクリプト セクションを追加します。
  8. 複数のセクションを使用することで、スクリプトをより簡単に整理できます。スクリプト セクションは、データのロード時に順番に実行されます。

  9. Sales と入力し、セクションに名前を付けます。
  10. Scripting Tutorial アプリ内の新しい [Sales] タブ
    New Sales tab in Scripting Tutorial app.

  11. 右のメニューの [DataFiles] で、[データを選択] をクリックします。

  12. データ ウィンドウの選択
    Select data window.

  13. Sales.xlsx をアップロードして選択します。データ プレビュー ウィンドウが開きます。
  14. Sales データ ファイルのデータ プレビュー ウィンドウ
    Data preview window for Sales data file.

  15. # of Days Late# of Days to Ship の項目の選択を解除します。項目の見出しをクリックすると、完全な項目名を確認できます。
  16. [項目を絞り込む] 検索フィールドで、date を検索します。
  17. 見出し Invoice Date をクリックして Bill Date と入力し、項目の名前を変更します。
  18. [スクリプトを挿入] をクリックします。 ロード スクリプトが、スクリプト エディターの Sales セクションに挿入されます。Qlik Sense では、スペースを含む項目名を二重引用符で囲む点に注意してください。
  19. これで、スクリプトは次のようになります。

    Sales タブのロード スクリプト
    Load script in Sales tab.

  20. LOAD ステートメントの上に次の行を入力し、テーブルに Table1 という名前を付けます。
  21. Table1:

  22. スクリプトを調整し、日付が正しく解釈されていることを確認しましょう。Date 項目を次のように変更します。
  23. Date#(`Date`,'MM/DD/YYYY') as “Date”,

    これで、スクリプトは次のようになります。

    Sales タブの更新されたロード スクリプト
    Updated load script in Sales tab.

  24. 右上にある [データのロード] をクリックします。
  25. これで、アプリにデータがロードされます。スクリプトの実行の進捗を示すウィンドウが表示されます。エラーや合成キーが発生した場合には、実行が完了した時点でそれらの問題の概要が表示されます。

  26. [Close] (閉じる) をクリックします。
  27. 上部ツール バーのドロップダウン メニューからデータ モデル ビューアーを開きます。[w] をクリックすると、データ モデル ビューアーが新しいタブで開きます。
  28. 上部メニューで s+ を選択して、このチュートリアルで使用するテーブル ビューを表示します。テーブルが正しく表示されない場合は、既存のロード スクリプトを削除して、スクリプトを作り直してください。
  29. Sales データのデータ モデル ビューアー内のテーブル ビュー
    Table view in data model viewer of Sales data.

    では、Dates という別のテーブルをロードしてみましょう。テーブルをロードした後、Qlik SenseDate 項目で、このテーブルを Sales テーブルと接続します。

  30. データ ロード エディターを開きます。
  31. P をクリックして新しいスクリプト セクションを追加します。
  32. Dates セクションに名前を付けます。新規セクション Dates がまだ Sales の下にない場合、カーソルを o ドラッグ バーの上に移動し、このセクションを Sales セクションの下にドラッグし、順序を変更します。
  33. スクリプトの一番上の行をクリックして、 をクリックします。
  34. // がスクリプトに追加されていることを確認します。

  35. // の後に次のテキストを追加します。
  36. Dates.xlsx からデータをロード

    スクリプトの先頭行は次のようになります。

    // Dates.xlsx からデータをロード

  37. 右のメニューの [DataFiles] で、[データを選択] をクリックします。

  38. ヒント メモ[項目名] で [埋め込まれた項目名] が選択されていることを確認します。このオプションが選択されていると、データをロードする際にテーブルの項目名が含まれます。
  1. Dates.xlsx をアップロードして選択します。データ プレビュー ウィンドウが開きます。
  2. Dates データ ファイルのデータ プレビュー ウィンドウ
    Data preview window for Dates data file.

  3. [スクリプトを挿入] をクリックします。
  4. これで、スクリプトは次のようになります。

    Dates タブのロード スクリプト
    Load script in Dates tab.

  5. LOAD ステートメントの上の行に次のテキストを入力し、テーブルに Table2 という名前を付けます:
  6. Table2:

  7. Dates.xlsx ファイルの Month 列が Qlik Sense で正しく解釈されるようにするには、Month 関数を Date 項目に適用する必要があります。
  8. Date 項目を次のように変更します。

    Month (Date) as "Month",

    これで、スクリプトは次のようになります。

    Dates タブの更新されたロード スクリプト
    Updated load script in Dates tab.

    これで、Dates.xlsx ファイルから選択されたデータをロードするスクリプトが完成しました。それでは実際にアプリにデータをロードしてみましょう。

  9. 右上にある [データのロード] をクリックします。
  10. [データのロード] をクリックすると、データがアプリにロードされ、スクリプトは保存されます。

  11. スクリプトの実行が完了したら、[閉じる] をクリックします。
  12. [データ モデル ビューア] を開きます。
  13. 2 つのテーブルで、名前が Date の 2 つの項目が接続されていることがわかります。

    データ モデル ビューアー内のテーブル ビュー
    Table view in data model viewer. Tables are connected on Date field.

  14. 左下の [プレビュー] をクリックします。テーブル Table2 の名前をクリックします。
  15. すると、このテーブルに関する情報が表示されます。[プレビュー] 項目を見ると、内部テーブル Table2 に 628 行のデータがロードされたことがわかります。テーブルの名前の代わりに項目をクリックすると、その項目に関する情報が表示されます。

    データ モデル ビューアー内のテーブル プレビュー
    Table preview in data model viewer.

    これで、アプリのビジュアライゼーション内でデータを使用できるようになりました。このチュートリアルの後半でその方法を説明します。