メイン コンテンツをスキップする
お知らせバナーを閉じる

データの管理

Qlik Sense アプリにビジュアライゼーションを作成する前に、データ ソースに接続する必要があります。データ マネージャーにあるデータは、プレビューや操作ができます。準備ができれば、データをアプリにロードすることができます。

データへの接続

データがコンピューターのファイルにある場合は、[DataFiles] を使用して、データをクラウドにアップロードできます。

アップロード済みのデータ ファイルからのデータの追加

データがデータベースにある場合は、コネクターを使用できます。

データ ソースへの接続

共有スペースで作業している場合は、データ ファイルと接続を共有スペースに直接追加できます。

スペース内でのデータ ソースの管理

データの追加とロード

データに接続した後、Qlik Sense はデータ マネージャー関連付けウィンドウでプレビューを表示します。データ ソースのさらなる追加、データの変換、テーブルの関連付けができます。

データの準備が完了したら、[データのロード] ボタンをクリックします。これで、データを使用してアプリでビジュアライゼーションを作成することができます。

新しいデータ ソースからデータを追加する

上級ユーザー

データを調べる

データ モデルの表示

データをより深く調べたいですか? データ モデル ビューアを使用します。

データ モデリングのベスト プラクティス

データのモデリング時に考慮する点のいくつかをここに示します。

問題がありますか?

データ マネージャーによる、アプリでのデータの管理

スクリプト言語を学習しなくても、データ ソースからデータを追加できます。データ選択を編集でき、データ モデルでのデータの関連付けの作成がサポートされます。

データ ソースへの接続

データ接続では、通常使用するデータ ソースへのショートカットを保存する方法を提供します。Qlik Sense は、データベース、CSV ファイル、Microsoft Excel スプレッドシート、Web ベースのソース、REST APISalesforce.comSAP といったの多くの種類のデータ ソースにアクセスするためのコネクターを提供します。これらのデータ ソースにアクセスするコネクターの多くは Qlik Sense に組み込まれており、他にもコネクターを追加することができます。

データ ロード スクリプトを使用したデータのロード

Qlik Sense データ ロード スクリプト言語を使用して、ETL (Extract, Transform & Load) プロセスでデータ モデルを構築できます。このスクリプト言語は強力であるため、複雑な変換を実行し、拡張性に優れたデータ モデルを作成できます。

データ モデルの表示

データ モデル ビューアーでは、アプリのデータ構造の概要を確認できます。テーブルや項目に含まれるデータのプレビューをデータ モデル ビューアーに表示できます。軸とメジャーを瞬時に作成することも可能です。

データ モデリングのベスト プラクティス

データの構成やどのようなデータ モデルを作成したいかにより、多くの異なる方法でデータを Qlik Sense アプリにロードできます。

トラブルシューティング - データのロード

このセクションでは、Qlik Sense でのデータのロードやモデリングの際に発生する可能性のある問題を説明します。