メイン コンテンツをスキップする

データの追加

アプリを完成させるには、2 番目のステップとしてデータをロードします。以下のファイルをロードします。

  • Sales.xlsx

  • Item master.xlsx

  • Cities.xlsx

  • Sales rep.csv

  • Customers.xlsx

の最初のデータ ファイルからのデータのロード

データを追加するときには、最も重要なファイル (ここでは Sales.xlsx) から始めることが推奨されます。

個人データ ファイルを指定して、データをロードする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. [ファイルおよびその他のソースからデータを追加] をクリックします。

    データ ソース選択ダイアログが開きます。

  2. [ファイルの場所] で [データ ファイル] をクリックします。

    データ ファイル選択ダイアログが開きます。

  3. ファイル選択ダイアログで、Sales.xlsx ファイルを選択します。

    進捗状況ウィンドウが表示され、次にデータ選択のためのウィンドウが開きます。ここでは、データ ファイル内のシートである Sales が既に選択されていることを確認できます。[埋め込まれた項目名] も選択されています。これは正しい状態です。

    Sales.xlsx ファイルのデータ選択ウィンドウ

  4. 右下の [データの追加] ボタンの横にある [¥] をクリックしてオンにすることで、データ プロファイリングを有効にします。

  5. [データの追加] をクリックします。

    データ マネージャーの関連付け表示が開く前に進捗状況ウィンドウが表示されます。この表示では、データがバブルで図示されます。テーブル Sales には * が付いて、新規作成または更新されたテーブルであることを示します。

データをロードする前に、データ ファイルをさらに追加します。Sales rep ファイルの追加 で続行します。

Sales rep ファイルの追加

追加する次のデータ ファイルは Sales rep.csv です。

[関連付け] ビューで、以下を実行します。

  1. 左上の P エリアをクリックしてさらにデータを追加します。

    個人データ ファイルが表示されます。

  2. Sales rep.csv ファイルをクリックして追加します。

    データ ソース選択ダイアログが開きます。

  3. [項目名] で [埋め込まれた項目名] が選択されていることを確認します。このオプションが選択されていると、データをロードする際にテーブルの項目名が含まれます。

    [区切り記号] 項目には、正しい設定である [セミコロン] が設定されています。Qlik Sense は区切り記号を自動的に認識し、デフォルトで正しい区切り記号を含むデータを表示します。

    Sales rep.csv ファイルのデータ選択ウィンドウ

  4. [データの追加] をクリックします。

    データ マネージャーが開く前に進捗状況ウィンドウが表示されます。テーブル Sales rep が追加され、[追加を保留中] のマークが付けられます。

    次の手順では、データを関連付けます。

データの関連付け

次に、テーブル SalesSales rep 内の項目間の関連付けを作成します。

次の手順を実行します。

  1. データ マネージャーの概要で [関連付け] をクリックします。

    データ マネージャーの [関連付け] ビューでは、データがバブルで図示されます。各バブルはデータ テーブルを表しており、バブルのサイズはテーブル内のデータの量を表しています。* でマークされたバブルは、新規または更新済みのテーブルを示します。

  2. Sales rep バブルを Sales バブルにドラッグします。

    これで、Qlik Sense において、Sales テーブルに対して強く推奨されている関連付けが検出され、そのバブルにオレンジ色のマークが付けられます。

  3. Sales rep バブルを Sales バブルにドロップします。

    これで、バブル間のリンクが作成され、推奨されている項目を使用して、テーブルが関連付けられます。

  4. Sales rep バブルと Sales バブル間のリンクをクリックします。

    画面の下部にある関連付けパネルの関連付け項目内に、データがプレビューされます。

  5. 関連付けパネルの Sales rep ID-Sales Rep Number 関連付けをクリックし、「Sales Rep Number」という名前に変更します。
  6. これで、関連付けの名前が Sales Rep Number になります。

最初の 2 つのテーブルの関連付けが完了しました。次の手順では、データ ファイルをさらに追加します。

データの追加と関連付け

データをロードしてアプリの構築を開始する前に、最後の 3 つのデータ ファイルを追加します。

[関連付け] ビューで、以下を実行します。

  1. 上記と同じ手順で次のデータ ファイルを追加します。

    • Cities.xlsx

    • Customers.xlsx
    • Item master.xlsx

  2. ヒント: [項目名] で [埋め込まれた項目名] が選択されていることを確認します。このオプションが選択されていると、データをロードする際にテーブルの項目名が含まれます。

    この時点で 5 つのデータ ファイルが表示されているはずです。

    テーブル SalesSales rep は、既に関連付けられています。Qlik Sense は、推奨されている関連付けを特定するのに役に立ちます。これにより、該当する関連付けを探索できるようになります。

  3. バブル Customer をクリックして押したままにします。

    バブル SalesCities には、緑色のマークが付けられます。これは、Qlik Sense によって、これら 2 つのテーブルを Customers に関連付けるように強く提案されているためです。

  4. バブル Cities をクリックして押したままにします。

    バブル Customer に、緑色のマークが付けられます。バブル Sales にはオレンジ色のマークが付けられます。これは中程度の推奨事項を示します。

  5. バブル Item master をクリックして押したままにします。

    バブル Sales に、緑色のマークが付けられます。

すべてのテーブル間で推奨されている関連付けが特定され、Qlik Sense においてユーザーの関連付けが作成されます。

次の手順を実行します。

    1. Ñ をクリックします。

      [推奨推奨される関連付け] タブが開きます。

    2. [すべて適用] をクリックします。

      これで、テーブルが Qlik Sense の推奨事項に応じて関連付けられます。

      5 つのテーブルの関連付けは、それぞれのバブル間のリンクで示されます。

すべてのテーブルが関連付けられたのでデータをロードします。

データのロード

すべてのデータ ファイルが追加され、そのテーブルが関連付けられました。アプリの構築を開始する前に、スクリプトをロードする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. [データのロード] をクリックします。

    データがロードされている間、進捗状況ウィンドウが表示されます。データのロードが完了したら、次に進むことができます。

  2. [閉じる] をクリックします。

データ モデルの表示

アプリの構築を開始する準備は完了していますが、開始する前に、データ モデルに注目する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. ツールバーでドロップダウン メニュー をクリックして、[データ モデル ビューア] を選択します。
  2. データ モデル ビューアーのツール バーで s をクリックし、テーブルを展開します。

すべてのテーブルが接続され、データ モデル ビューアーには、次のコンテンツが含まれています。1 つまたは複数のテーブルを接続する項目は、キーと呼ばれています。

キー項目を使用してテーブルが接続されたデータ モデル ビューア

これでデータの追加が終了しました。アプリの構築を開始できます。