メイン コンテンツをスキップする

準備

Qlik Sense を開く

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes を開く

ブラウザに https://<テナント アドレス> といった Web アドレスを入力して、Qlik Sense を起動します。ブラウザにログインウィンドウが開いたら、ユーザー名とパスワードを入力します。入力するアドレスと資格情報は、組織での Qlik Sense の展開方法によって異なります。

新規アプリでのチュートリアル ソース ファイルの保存

zip ファイル内の Building an App files フォルダーにはデータ ファイルが保管されています。そのため、アプリの構築を開始する前にこのデータ ファイルにアクセスできることを確認しておく必要があります。次の手順を実行します。

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes でのアプリの新規作成

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense にログインします。
  2. [作成] をクリックします。
  3. [アプリの作成] をクリックします。
  4. アプリの名前を入力します。たとえば、「アプリの構築チュートリアル」と入力します。
  5. 新規アプリのスペースを選択します。
  6. [作成] をクリックします。

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes でのチュートリアル ソース ファイルのアップロード

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes を使用している場合は、データ ファイルをクラウドにアップロードする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. アプリを開きます。
  2. [ファイルおよびその他のソースからデータを追加] をクリックします。
  3. 左メニューで [データ ファイル] をクリックします。
  4. フォルダ ショートカットで [データ ファイル] をクリックします。
  5. Building an App files フォルダーにあるデータ ファイルをアップロード ダイアログ内の指定エリアにすべてドラッグ アンド ドロップします。

    これでデータ ファイルが個人データ ファイルに追加されます。

個人データ ファイルに追加されたデータ ファイル。

次に、アプリにデータ ファイルを追加します。