メイン コンテンツをスキップする

アプリの移行

アプリの移行とは、Qlik Sense の旧バージョンから新しいバージョンにアプリを移動することを意味します。

以下の状況では、アプリを移行する必要性が高くなります。

  • Qlik Sense をアップグレードするとき。
  • 旧バージョンのアプリをインポートするとき。

アプリの移行が Qlik Sense の起動時に自動的に実行されることはありません。An app with a Qlik Sense version later than 3.2 is migrated on the fly when you open it in the hub.QMC の [apps overview] (アプリ概要) ページでは、手動で移行する必要があるアプリを確認できます。The status Unmigrated is displayed in the Migration status column for apps that have not been migrated. Those are either apps that are auto-migrated when opened or apps with a Qlik Sense version earlier than 3.2 that require manual migration. 手動で移行を実行するには、[Migrate] (移行する) ボタンをクリックします。

Qlik Sense バージョン 1.0 から新しいバージョンに、また Qlik Sense の最新バージョンにアプリを移行できます。

移行されていないアプリ

アプリが移行されていない場合、QMC スタート ページの [アプリ] タブに、移行されていないアプリ数が表示されます。[Apps overview] (アプリの概要) ページでは、[Migration status] (移行ステータス) の列でアプリごとのステータスを確認できます。

アプリの移行時には、以下のステータス値が表示されることがあります。

  • 移行済み
  • 移行されていない

すべてのアプリの移行に成功した場合は、アプリ概要ページに、移行ボタンと移行ステータス列が表示されません。

注: Qlik Sense をより新しいバージョンにアップグレードする場合、すべてのアプリの [移行ステータス] が (QRS) の最初の起動時に Unmigrated に設定されます。

手動でのアプリの移行

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要ページに移動します。

  2. [Unmigrated] (移行されていない) ステータスのアプリを選択します。

  3. 下にあるアクションバーで、[Migrate] をクリックします。

    移行が開始されます。