メイン コンテンツをスキップする

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の展開

このページ上

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の展開

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile では、ユーザーが BlackBerry Dynamics EMM 環境から Qlik Sense にアクセスできます。 BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile では、データ フローを管理し、Qlik Sense アプリを展開し、特定のユーザーまたはグループのセキュリティおよびコンプライアンス ポリシーを設定できます。

このドキュメントでは、BlackBerry Dynamics 環境の Qlik Sense Mobile Client Managed 展開に固有の設定について説明します。詳細については、BlackBerry のドキュメントを確認してください。BlackBerry Dynamics のプラットフォームとアーキテクチャーの概要については、BlackBerry のドキュメント「BlackBerry Dynamics」を参照してください。

前提条件

BlackBerry UEM 環境を設定する

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile アプリを使用して Qlik Sense にアクセスするため、 管理者はまず、BlackBerry UEM をインストールおよび構成して BlackBerry Dynamics 環境を設定する必要があります。

BlackBerry UEM のインストール方法と構成方法を説明した詳細なドキュメントについては、次の BlackBerry のドキュメント を参照してください。BlackBerry UEM のインストールと構成

BlackBerry Dynamics Direct Connect の有効化

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を使用するため、BlackBerry Dynamics 管理者は BlackBerry Dynamics Direct ConnectBlackBerry UEM 管理コンソールで使用可能にする必要があります。詳しくは、次の BlackBerry のドキュメントで「What is Direct Connect?」(直接接続とは) を参照してください。

BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の構成

BlackBerry Dynamics 管理者は、BlackBerry UEM 管理コンソールで BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を有効にして構成することができます。

BlackBerry Dynamics 管理者は、以下の操作を行ってユーザーが Qlik Sense アプリを消費できるようにする必要があります。

  • BlackBerry Dynamics 環境に BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を追加する。
  • BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を構成する。
  • BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile をユーザーまたはユーザー グループに割り当てる。

BlackBerry Dynamics 環境への BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の追加

BlackBerry Dynamics 管理者は、BlackBerry Dynamics 環境で許可されているアプリのリストに BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を追加する必要があります。

  1. BlackBerry UEM 管理コンソールで、[アプリ] に移動し、検索タブの右側にある「アプリの追加」アイコンをクリックします。ポップアップ ウィンドウが開きます。
  2. Apple App Store アイコンを選択します。
  3. [アプリ名]、[ベンダー]、または [URL] の検索フィールドに「BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile」と入力し、適切な地理的 App Store を選択します。次に、[検索] を選択します。

  4. BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の横の [追加] ボタンを選択してアプリを追加します。
  5. 必要に応じてアプリのカテゴリと他のプロパティを調整し、[追加] を選択します。

  6. BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile が、BlackBerry Dynamics 環境で許可されているアプリのリストに表示されます。

アプリ構成の作成

アプリ構成により、ユーザーにアクセス権が付与される Qlik Sense サーバーのリストを構成できます。サーバーのリストは、ユーザーが BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile アプリを起動するときに表示されます。

注: BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile では、Qlik Sense サーバーを追加する場合のクライアント認証リンクを構成することはできません。Qlik Sense サーバーは、BlackBerry UEM 管理コンソールでのアプリ構成設定により BlackBerry Dynamics 管理者のみが追加できます。

以下を実行します。

  1. BlackBerry UEM 管理コンソールで、[アプリ] に移動し、使用可能なアプリのリストから BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を選択します。専用ウィンドウが開きます。
  2. [設定] タブの [BlackBerry Dynamics] で、「+」ボタンをクリックして新しいアプリ構成を作成します。ポップアップ ウィンドウが開きます。
  3. [アプリ構成] ウィンドウで、次の手順を実行します。
    1. アプリ構成ファイルの名前を入力します。
    2. HTTP トラフィックを許可するかどうかを選択します。
    3. 認証に使用する仮想プロキシを含め、BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile アプリに接続する Qlik Sense サーバーのリストを挿入します。BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の認証ソリューションについて詳しくは、 BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の認証構成を参照してください。
      サーバーごとに、以下のようなラベルを入力します。ラベルは、BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile に表示されるサーバーのリストに表示されます。
    4. Server-1 ; https://<Server-1 address>/VirtualProxy/

      注: ホストは、BlackBerry UEM 管理コンソールで別々に接続プロファイルに追加する必要があります。
    5. [保存] をクリックします。これにより設定が保存され、[アプリ構成] ウィンドウが閉じられます。
  4. [保存] をクリックします。これにより設定が保存され、[BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile] ウィンドウが閉じられます。

BlackBerry Dynamic 接続プロファイルの作成

ユーザーが BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile のリストから Qlik Sense サーバーを選択すると、アクセス要求が選択したサーバーに送信されます。要求が正常にサーバーに到達するためには、固有の BlackBerry Dynamics 接続プロファイルを作成する必要があります。

BlackBerry Dynamics 接続プロファイルの作成方法については、BlackBerry のドキュメントで BlackBerry Dynamics 接続プロファイルを作成します

ユーザーまたはユーザー グループへの BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile の割り当て

単独のユーザーまたはユーザー グループに BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を割り当て、ユーザーが自分のデバイスでアプリをアクティブ化できるようにする必要があります。また、複数のアプリで構成されるアプリ グループを作成し、代わりにそれらのグループをユーザーやユーザー グループに割り当てることもできます。

参照先:BlackBerry ドキュメントの「ユーザーとグループ」。

アプリ グループ

アプリ グループは、BlackBerry Dynamics 環境で許可されているアプリのコレクションです。BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile と他の許可されたアプリが含まれるアプリ グループを作成し、特定のアプリ構成ポリシーを割り当て、そのアプリ グループをユーザーまたはユーザー グループに割り当てることができます。アプリ グループに含まれるすべてのアプリは、選択したユーザーに割り当てられます。

アプリ グループの作成方法と編集方法については、BlackBerry のドキュメントで「Managing app groups」(アプリ グループの管理) を参照してください。

ユーザーに BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を割り当てる

  1. BlackBerry UEM 管理コンソールで、[ユーザー] に移動し、[すべてのユーザー] サブセクションを開き、リストからユーザーを選択します。
  2. 専用ユーザー画面で、[アプリ] ドロップダウン セクションを開き、 「+」ボタンをクリックします。
  3. リストで、BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile アプリまたはそのアプリを含むアプリ グループを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. アプリ構成ファイルと他の設定を選択するか、既定のオプションが選択されたままにします。
  5. [割り当て] をクリックします。
  6. BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile が選択したユーザーに割り当てられます。

ユーザー グループに BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を割り当てる

  1. BlackBerry UEM 管理コンソールで、[グループ] に移動し、[ユーザー] サブセクションを開き、リストからユーザー グループを選択します。
  2. 専用ユーザー グループ画面の [ 割り当て済みアプリ] で、 「+」ボタンをクリックします。
  3. リストで、BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile アプリまたはそのアプリを含むアプリ グループを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. 必要な設定を行うか、既定のオプションが選択されたままにします。
  5. [割り当て] をクリックします。
  6. BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile が選択したユーザー グループに割り当てられます。

インストール後の設定

https:// ではなく URL スキーム qliksenselink:// で始まる、ウェブ ページまたはメールの疑似 URL から BlackBerry 向け Qlik Sense Mobile を使用して直接 Qlik Sense コンテンツにアクセスできます。

URL の残りの部分は、Qlik App Integration API からのガイダンスに基づいて形成されます。これらの URL を BlackBerry Access ブラウザーから直接開くには、URL スキームが BlackBerry UEM Console 内の BlackBerry Access の構成で認識されているサードパーティ アプリケーションであることを確認してください。

  1. BlackBerry UEM コンソールで、[アプリ] > [BlackBerry Access] > [アプリの構成] に移動し、該当するアプリの構成を選択して、[基本設定] タブを選択します。
  2. [サード パーティ アプリケーションを有効にする] が選択されていることを確認し、qliksenselink を URL スキーム入力項目に追加します。

    URL を共有して、既定のブラウザを使用する代わりに BlackBerry Access を使用して Qlik コンテンツを明示的に開く場合は、URL スキーム入力項目にもアクセスを追加します。

  3. 一番下までスクロールし、現在の日付と時刻を YYMMDDhhmm 形式で入力項目に入力して、デバイスのポリシーを強制的に更新します。
  4. [保存] をクリックします。

QlikApp Integration API (英語のみ)

BlackBerry Access 管理ガイド: ユーザーがカスタム URL スキームを開くことを許可する