メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Mobile のセキュリティ

このページ上

Qlik Sense Mobile のセキュリティ

Qlik Sense MobileQlik Sense Enterprise ハブに接続します。接続されれば、Qlik Sense アプリとマッシュアップを表示し、Qlik Sense Mobile アプリを使用して Qlik Sense アプリをダウンロードできます。

認証

初めて Qlik Sense Mobile アプリにログインする際、Qlik Sense Enterprise サーバーから自身の資格情報の認証を受ける必要があります。資格情報が認証されて Qlik Sense Mobile アプリにログインしたら、Qlik Sense Mobile アプリに資格情報を保存するよう選択できます。資格情報管理のオプションの詳しい設定方法については、「Qlik Sense Mobile アプリの使用」を参照してください。お客様のデータを保護するには、 デバイスがパスワードで保護されており、使用していないときにはロックされることをご確認ください。この設定は、Enterprise Mobile Management (EMM) コンソールを介して行うことができます。

注: Qlik Sense Mobile から Qlik Sense Enterprise 展開に接続するには、ユーザーに適切なアクセス タイプを割り当てる必要があります。User アクセス、または Professional や Analyzer のアクセス ライセンスが割り当てられているユーザーは、接続できます。Analyzer Capacity ライセンスまたはログイン アクセスを持つユーザーはできません。匿名アクセスは許可されていません。

オフライン時は、最大 10 日間 (240 時間) Qlik Sense Mobile アプリを使用できます。この期間は、最後に サーバーにログインした後、初めて Qlik Sense Mobile アプリを開いた時点からカウントされます。Qlik Sense Enterprise10 日間の有効期限が切れたら、Qlik Sense Mobile アプリの使用を継続するには、再度 Qlik Sense Enterprise サーバーにログインする必要があります。

データ ロード スクリプトでのセクション アクセスも、セキュリティのために利用できます。複数のユーザーやグループのデータを 1 つのファイルで保管できます。Qlik Sense Enterprise サーバーでの認証と承認のため、Qlik Sense ではセクション アクセスで情報を使用し、データを動的に減らすため、ユーザーには自身のデータしか表示されません。ファイル自体にセキュリティが組み込まれるので、ダウンロードしたファイルも保護されます。詳細については、「セクションへの安全なアクセス管理 (英語のみ)」を参照してください。

証明書

Qlik Sense を SSL を介して展開する場合、Qlik Sense Mobile アプリで Qlik Sense サーバーから証明書を取得し、有効であることを検証します。これによって、 アプリで、利用しようとしているサーバーが正規の Qlik Sense Mobile サーバーであると信頼できます。Qlik Sense証明書が有効でない場合、Qlik Sense Mobile アプリで必ず拒否されます。したがって、ハブのリストに追加するすべての Qlik Sense ハブに、有効な証明書がなければなりません。

証明書が有効であることを確認するには、証明書について以下をチェックする必要があります。

  • VeriSign などの認証局によって署名されているか、またはこのデバイスの信頼された認証局のリストに追加されている (手動でデバイスに追加されたか、または EMM コンソールからデバイスにプッシュされた) 認証局によって署名されている。

  • 有効期限が切れていない。
  • コモン ネームまたは Qlik Sense ハブのドメイン名と一致する名前を持っている。