メイン コンテンツをスキップする

証明書の復元

システムがクラッシュした場合、Qlik Sense サイトのセントラル ノードで、証明書の復元が必要になる場合があります。

  1. Microsoft Windows で [Task Manager (タスク マネージャー)] を開き、Qlik Sense Repository Database (QRD) サービス以外のすべての Qlik Sense サービスを停止します。
  2. コマンド プロンプトを開き、Qlik Sense サービスを実行するユーザーとして Microsoft Management Console (mmc) を起動します。
  3. [ファイル] > [スナップインの追加と削除] と選択します。
  4. [証明書] をダブルクリックします。
  5. The Add or Remove Snap-ins window. "Certificates" is selected on the left.

  6. [コンピューター アカウント] を選択し、[次へ] をクリックします。
  7. The Certificates snap-in window. "Computer account" is selected.

  8. [ローカル コンピューター] を選択し、[完了] をクリックします。
  9. The Select Computer window. "Local computer" is selected.

  10. [証明書] をダブルクリックします。
  11. The Add or Remove Snap-ins window, with Certificates (Local Computer) added on the right. "Certificates" is selected on the left.

  12. [ユーザー アカウント] を選択し、[完了] をクリックします。
  13. The Certificates snap-in window. "My user account" is selected.

  14. [OK] をクリックします。
  15. The Add or Remove Snap-ins window, with Certificates (Local Computer) and Certificates - Current User added on the right.

  16. 左側のパネルの [Local Computer(証明書ローカル コンピューター] を展開します。
  17. The Console1 window with the Certificates (Local Computer) folder expanded.

  18. [信頼されたルート証明機関] フォルダを右クリックして、[すべてのタスク] > [インポート] を選択します。
  19. The Console1 window. The Trusted Root Certification Authorities folder has been right-clicked, and All Tasks, then Import is selected.

  20. [次へ] をクリックします。
  21. The Certificate Import Wizard window. "Next" is highlighted.

  22. サイトにある全ノードの Certificate Authority (CA) のパックアップを含むフィルを参照して [次へ] をクリックします。 デフォルトで、CA は <computer_that_issued_the_certificate>-CA と命名されます。
  23. The Certificate Import Wizard's File to Import screen.

  24. .pfx ファイルのパスワードを入力します (ファイルがエクスポートされた時に付与されたパスワード)。
  25. [このキーをエクスポート可能にする] と [すべての拡張プロパティを含める] を選択します。[次へ] をクリックします。
  26. [証明書をすべて次のストアに配置する] を選択して、[次へ] をクリックします。
  27. The Certificate Import Wizard's Certificate Store screen. "Place all certificates in the following store" is selected.

  28. [完了] をクリックします。
  29. The Completing the Certificate Import Wizard screen. "Finish" is selected.

  30. [最新の情報に更新] ボタン () をクリックして、インポートされた CA が、[信頼されたルート証明機関] フォルダで利用できるか確認します。
  31. 証明書のインポート:
    1. ステップ 11 から始めて手続きを繰り返し、サーバー証明書を [Local Computer(証明書ローカル コンピュータ] > [個人用] > [証明書] にインポートします。 サーバー署名書には、a) マシンのドメイン名システム (DNS) と同じ名前が付いており、b) サイトのすべてのノードについて CA が署名しています。

    2. ステップ 11 から始めて手続きを繰り返し、クライアント証明書 (クライアントの ID ) を [証明書 - 現在のユーザー] > [個人用] > [証明書] にインポートします。 クライアント証明書の名前は QlikClient で、サイトのすべてのノードについて CA が署名しています。

    3. ステップ 11 から始めて手順を繰り返し、[Local Computer(証明書ローカル コンピュータ] > [個人用] > [証明書] にある QlikServiceCluster 証明書をインポートします。

  32. MMC コンソールを閉じます。
  33. 変更を保存する必要はありません。

  34. Qlik Sense サービスを起動します。サービスを手動で起動する場合、次の順番で起動します。
  35. 警告: Qlik Sense サイトの復元」手順の一環として証明書を復元している場合は、Qlik Sense サービスを開始しないでください。
    1. Qlik Sense Service Dispatcher(QSD)
    2. Qlik Sense Repository Service (QRS)

      Qlik Sense サービスを実行しているユーザーがマシンのローカル管理者でない場合は、管理者特権でのコマンド プロンプトから、-bootstrap パラメーターを使用して Repository.exe を起動する必要があります。

      サービス

    3. Qlik Sense Proxy Service (QPS)、Qlik Sense Engine Service (QES)、Qlik Sense Scheduler Service (QSS)、および Qlik Sense Printing Service (QPR) (順番の指定なし)

    起動の順番は重要です。起動の間、QRSQSD により管理される Qlik ライセンス サービスと通信可能でなければなりません。その他のサービスは、QRS に依存します。従って、QRS が開始されるときには QSD が実行中である必要があります。